皮膚科

皮膚科

ご挨拶

皮膚科では、皮膚の悪性腫瘍に対する診断、治療を主として行っています。皮膚がんにはいくつかの種類があり、高齢者に多く、若年時からの紫外線曝露の積み重ねで発症するものや、一見ほくろに似ているが悪性度が高く、早期発見が重要な皮膚がんなど多くの種類があります。当センター皮膚科では皮膚がんの診断がついた患者様の治療はもちろん、診断の難しい皮膚病変の組織検査などを行い、確定診断、治療の決定を目指しています。

特徴・特色

早期の皮膚がんや、局所増殖が主なる皮膚がんでは、手術が治療の基本です。当科では毎年、手術室で行ったものと外来施行のものを合わせ、年間700件超の手術を行っています。その他、悪性度の高い種々の皮膚がんに対しては薬物治療を中心とした、手術以外の治療や手術と組み合わせての治療も幅広く行っています。スタッフ一同、高い専門性をもって最良の診療が提供できるようにに努めております。

たかい としひろ

高井 利浩

      
役職

感染対策部長
皮膚科部長(診療科長)

資格

日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医

同 皮膚悪性腫瘍指導専門医

ICDP-UEMS認定 国際皮膚病理専門医

日本皮膚病理組織学会理事

日本皮膚外科学会 評議員

皮膚悪性腫瘍学会 評議員

インフェクションコントロールドクター

卒業年度 1997年

もちづき りょうすけ

望月 亮佐

      
役職

皮膚科医長

卒業年度 2017年

みなみ ゆうすけ

南 裕介

      
役職

皮膚科医長

卒業年度 2017年

みやざき りかこ

宮﨑 梨香子

      
役職

皮膚科専攻医

卒業年度 2020年

外来診療表

皮膚科 1診 髙井 髙井 望月 髙井
2診 望月 宮﨑

(A)は予約診療のみの診察枠です。

休診・代診のお知らせ

急な都合による休診情報は掲載できない場合がありますので、ご了承ください。

診療実績他

2020年 2021年 2022年 2023年
悪性黒色腫 32 24 34 50
有棘細胞癌 47 42 54 60
基底細胞癌 66 59 76 82
乳房外Paget病 16 16 24 26
皮膚血管肉腫 5 6 4 6
2019年度 2020年度 2021年度 2022年度
手術件数(op室) 302 280 246 281

治験データ(臨床試験)