希少がんセンター

希少がんセンター

ご挨拶

希少がんセンターは、希少がんの的確な診断と最良の治療を実践し、新しい治療法の開発を推進することに加え、多職種の連携により患者さんの相談支援と情報提供に努めることを目的に、兵庫県立がんセンター内に設立した組織です。
希少がんとは、「年間発生率(罹患率)が10万人あたり6例未満のもの、数が少ないゆえに診療・受療上の課題が他のがん種に比べて大きいもの」(厚労省2015年)とされています。
希少がんは、発生が稀にも関わらず約200種類も存在するため 、一般的ながんと比べて診断や治療が困難であることが多く、専門的な医療が求められます。
希少がんセンターでは、経験豊富な専門家からなるチームが協力し、診療科、診断・治療部門等との連携を強化して最良の医療を提供することを目指しています。また、希少がん診療ネットワークの構築や、希少がんの相談窓口を通じた患者さんの支援、希少がんの臨床試験の推進など、多岐にわたる取り組みを行っています。今後は、患者さんやご家族向けの公開講座や、医療機関関係者向けの研修会などの情報発信も計画しています。
私たちは、希少がんの治療の最前線で活動しております。希少がんに関するご相談や治療についての情報をお求めの方は、お気軽にお問い合わせください。私たちが全力でサポートさせていただきます。

希少がんセンター長 藤田郁夫

希少がんの相談窓口

1.がん相談支援センターのスタッフが、患者さん、ご家族、一般の方、医療機関の方から、希少がんに関するご相談をお受けします。お困りの事や不安なことがあれば、ご相談ください。窓口はがん専門相談員(看護師)ですが、医師・薬剤師・医療ソーシャルワーカー・栄養士・検査技師など、医療チームで対応いたします。

相談できる内容

ご自身やご家族の希少がんについて知りたい
どこで診察を受けることができますか
セカンドオピニオンを受けられる医療機関
治療中の生活こと など

2. 相談の方法
相談日時:月〜金(祝日を除く) 9時〜17時
相談方法:面談、電話(要予約)
相談料:無料(通話料金がかかります)

まずは、がん相談支援センター受付でご予約下さい。078-929-2967(直通)

※相談者の同意なく、相談で知りえた情報を担当医等を含む第3者に伝えることはありません。安心してご相談下さい。

※「希少がんセンター」は診療科ではありませんので、診療のお申し込みは、各診療科宛に受診手続きをお願いします。

※個人の病状に関する診断や治療方法に関するご質問にはお答えできかねますので、その場合には適切な専門医への受診やセカンドオピニオンをご案内させていただきます。

※正確な情報提供のためにお名前など個人情報をお伺いすることがありますが、答えたくない場合はその旨をお知らせください。

主な疾患

当院で診療可能な主な希少がん

  1. 脳・脊髄領域
    脳腫瘍
    神経膠腫(グリオーマ)
    中枢神経系原発悪性リンパ腫
  2. 頭頸部領域
    嗅神経芽細胞腫
    腺様嚢胞がん
    聴器がん
    頭頸部の肉腫
  3.  口腔がん
  4.  乳腺領域
    男性乳がん
    特殊型乳がん
    乳腺悪性葉状腫瘍
  5.  呼吸器・縦隔領域
    悪性胸膜中皮腫
    胸腺腫・胸腺がん
    胸部のSMARCA4欠損腫瘍
    肺神経内分泌腫瘍
  6.  消化管領域
    悪性腹膜中皮腫
    肛門がん
    肛門管扁平上皮がん
    小腸がん(十二指腸がん、空腸がん、回腸がん)
    GIST
    消化管神経内分泌腫瘍
    神経内分泌がん
  7. 肝胆膵領域
    膵神経内分泌腫瘍
    神経内分泌がん
    混合型肝がん
    退形成膵がん
    膵腺房細胞がん
  8. 内分泌領域
    褐色細胞腫
    パラガングリオーマ
    副腎皮質がん
  9. 泌尿器・生殖器領域
    悪性精巣鞘膜中皮腫
    子宮の肉腫
    子宮がん肉腫
    子宮内膜間質肉腫
    子宮平滑筋肉腫
    腟がん
    尿膜管がん
    腹膜がん
  10. 後腹膜領域
    後腹膜の肉腫
  11. 皮膚領域
    皮膚がん
    皮膚腫瘍
    悪性黒色腫(メラノーマ)
    基底細胞がん
    汗腺がん
    脂腺がん
    乳房外パジェット病
    皮膚血管肉腫
    皮膚付属器がん
    メルケル細胞がん
    有棘細胞がん
    肛門がん
  12. 骨と軟部組織領域
    子宮の肉腫
    体幹の肉腫
    デスモイド腫瘍
    軟部肉腫
    骨の肉腫
    皮膚血管肉腫
  13. 血液・リンパ領域
    悪性リンパ腫
    眼内リンパ腫
    眼付属器リンパ腫
    中枢神経系原発悪性リンパ腫
  14. 複数にまたがる領域
    原発不明がん
    AYA世代
    神経内分泌がん
    神経内分泌腫瘍
    腺様嚢胞がん
    胚細胞腫瘍
    パラガングリオーマ

関連機関リンク

ひろかが こういち

廣利 浩一

      
役職

乳腺外科部長

資格

日本外科学会 専門医・指導医
日本乳癌学会 評議員・専門医・指導医、教育研修委員会委員 検診・診断小委員会委員
日本遺伝性腫瘍学会 専門医
日本乳癌検診学会 理事評議員・研修委員会副委員長
日本超音波医学会 専門医・指導医(乳腺・甲状腺)、関西地方会運営委員会委員
日本乳腺甲状腺超音波医学会 評議員・乳腺用語診断基準委員会委員・教育委員会・インターベンション小委員会副委員長
日本がん検診精度管理中央機構 教育研修委員会マンモグラフィ部門読影委員・乳房超音波部門講習会実行委員
日本がん治療認定医機構認定医
日本乳房オンコプラステックサージャリー学会乳房再建用

エキスパンダー/インプラント責任医師

日本乳癌画像研究会世話人
近畿外科学会 評議員

卒業年度 1992年
センター長 整形外科 藤田 郁夫
副センター長 腫瘍内科 松本 光史
副センター長 看護部 村井美加
診療部 消化器外科 岡崎太郎
消化器内科 津村英隆
婦人科 山本香澄
泌尿器科 倉橋俊史
頭頸部外科 入谷啓介
整形外科 藤本卓也
腫瘍内科 尾上琢磨
呼吸器外科 三浦賢仁
呼吸器内科 河 良崇
乳腺外科 田根香織
歯科口腔外科 重田崇至
脳神経外科 森川雅史
皮膚科 高井利浩
形成外科 奥野友孝
緩和ケア内科 木村好江
放射線診断科 竹中大祐
放射線治療科 上薗玄
病理診断科 梶本和義
血液内科
研究部 南 徳明
看護部 がん相談支援センター 伊藤 由美子
緩和ケアセンター 西村 晴美
薬剤部 汐谷 恵
臨床試験センター 足立 洋子
地域医療連携部 甲斐 祐子
診療情報管理室 栗原有知子
総務部 正垣 雅士
事務局 患者フロー調整担当課長 長田 正子

診療実績他

領域別の診療情報

*治療実績に関する注意点

  • 治療実績は院内がん登録より記載しています。
  • 未治療である状況で初診された場合の初回治療を集計しており、当院の全ての治療実績をあらわしているわけではありません。
  • 「院内がん登録全国集計」記載に従い、集計値が1 件以上 10 件未満の場合は、1~3 件、4~6 件、7~ 9 件として記載し、10 件以上は実数で記載しています。

脳・脊髄

①主な腫瘍:脳腫瘍、神経膠腫(グリオーマ)、悪性リンパ腫

②主担当科:脳神経外科

③カンファレンス:脳外科症例検討会

④治療実績(2018-2022年院内がん登録より)

  1. 脳腫瘍全体 40例
  2. 神経膠腫(他施設診断を含む) 35例
  3. 中枢神経系原発悪性リンパ腫 1-3例

頭頸部、口腔

①主な腫瘍:嗅神経芽細胞腫、腺様嚢胞がん、聴器がん、頭頸部の肉腫、口腔がん

②主担当科:頭頸部外科、歯科口腔外科、腫瘍内科

③カンファレンス:頭頸部カンファレンス、ATACカンファレンス

④治療実績(2018-2022年院内がん登録より)

  1. 嗅神経芽細胞腫 1-3例
  2. 腺様嚢胞がん 4-6例
  3. 聴器がん 1-3例
  4. 頭頸部の肉腫 4-6例
  5. 口腔がん 355例

乳腺

①主な腫瘍:男性乳がん、特殊型乳がん、乳腺悪性葉状腫瘍

②主担当科:乳腺外科、腫瘍内科

③カンファレンス:乳腺外科 術前術後カンファレンス

④治療実績(2018-2022年院内がん登録より)

  1. 男性乳がん 4-6例
  2. 特殊型乳がん 162例
  3. 乳腺悪性葉状腫瘍 0例

呼吸器・縦隔

①主な腫瘍:悪性胸膜中皮腫、胸腺腫・胸腺がん、胸部のSMARCA4欠損腫瘍、肺神経内分泌腫瘍

②カンファレンス:呼吸器カンファレンス

③治療実績(2018-2022年院内がん登録より)

  1. 悪性胸膜中皮腫 4-6例
  2. 胸腺腫 22例
  3. 胸腺がん 13例
  4. 胸部のSMARCA4欠損腫瘍 0例
  5. 肺神経内分泌腫瘍 107例

消化管

①主な腫瘍:悪性腹膜中皮腫、肛門がん、肛門管扁平上皮がん、小腸がん(十二指腸がん、空腸がん、回腸がん)、GIST、消化管神経内分泌腫瘍、神経内分泌がん

②主担当科:消化器内科、消化器外科

③カンファレンス;NETキャンサーボード

④希少がん情報公開専門病院:
https://hospdb.ganjoho.jp/kyoten/detail/rarecancer/A28001?cf_rare_cancer_type=107#syoukakan_nen

⑤治療実績(2018-2022年院内がん登録より)

  1. 悪性腹膜中皮腫 1-3例
  2. 肛門がん 7-9例
  3. 肛門管扁平上皮がん 4-6例
  4. 小腸がん 24例
  5. 十二指腸がん 21例
  6. 空腸がん 1-3例
  7. 回腸がん 0例
  8. GIST 48例
  9. 消化管神経内分泌腫瘍 38例

肝・胆・膵

①主な腫瘍:膵神経内分泌腫瘍、神経内分泌がん、混合型肝がん、退形成膵がん、膵腺房細胞がん

②主担当科:消化器内科、消化器外科

③カンファレンス;NETキャンサーボード

④希少がん情報公開専門病院:
https://hospdb.ganjoho.jp/kyoten/detail/rarecancer/A28001?cf_rare_cancer_type=107#syoukakan_nen

⑤治療実績(2018-2022年院内がん登録より)

  1. 悪性腹膜中皮腫 1-3例
  2. 膵神経内分泌腫瘍 15例

内分泌

①主な腫瘍:褐色細胞腫、パラがんグリオーマ、副腎皮質がん

②主担当科:腫瘍内科、泌尿器科

③治療実績(2018-2022年院内がん登録より)

  1. 褐色細胞腫 1-3例
  2. パラがんグリオーマ 4-6例
  3. 副腎皮質がん 0例

婦人科

①主な腫瘍:子宮の肉腫、子宮がん肉腫、子宮内膜間質肉腫、子宮平滑筋肉腫、腟がん、腹膜がん

②主担当科:婦人科、腫瘍内科

③カンファレンス:婦人科カンファレンス

④治療実績(2018-2022年院内がん登録より)

  1. 子宮の肉腫 16例
  2. 子宮癌肉腫 60例
  3. 子宮内膜間質肉腫 1-3例
  4. 子宮平滑筋肉腫 11例
  5. 腟がん 21例
  6. 腹膜がん 43例

泌尿器・生殖器

①主な腫瘍:悪性精巣鞘膜中皮腫、尿膜管がん

②主担当科:泌尿器科

③カンファレンス:泌尿器科カンファレンス

④治療実績(2018-2022年院内がん登録より)

  1. 悪性精巣鞘膜中皮腫 0例
  2. 尿膜管がん 0例

後腹膜

①主な腫瘍:後腹膜の肉腫

②主担当科:泌尿器科、消化器外科、婦人科、腫瘍内科

③治療実績(2018-2022年院内がん登録より)

  1. 後腹膜の肉腫 12例

皮膚

①主な腫瘍:悪性黒色腫(メラノーマ)、基底細胞がん、汗腺がん、脂腺がん、乳房外パジェット病、皮膚血管肉腫、皮膚付属器がん、メルケル細胞がん、有棘細胞がん、肛門がん

②主担当科:皮膚科

③カンファレンス:臨床病理検討カンファレンス、術前カンファレンス

④治療実績(2018-2022年院内がん登録より)

  1. 悪性黒色腫(メラノーマ) 128例
  2. 基底細胞がん 347例
  3. 汗腺がん 1-3例
  4. 脂腺がん 0例
  5. 乳房外パジェット病 91例
  6. 皮膚血管肉腫 17例
  7. 皮膚付属器がん 10例
  8. メルケル細胞がん 11例
  9. 有棘細胞がん 167例

骨と軟部組織

①主な腫瘍:体幹の肉腫、軟部肉腫、デスモイド腫瘍、骨の肉腫

②主担当科:整形外科、腫瘍内科

③カンファレンス:肉腫・骨転移カンファレンス、整形病理カンファレンス、整形外科カンファレンス

④希少がん情報公開専門病院:https://hospdb.ganjoho.jp/kyoten/detail/rarecancer/A28001?cf_rare_cancer_type=101

⑤治療実績(2018-2022年院内がん登録より)

  1. 体幹の肉腫 28例
  2. 軟部肉腫 110例
  3. デスモイド腫瘍 7-9例(全国骨軟部腫瘍登録データ)
  4. 骨肉腫 11例
  5. 軟骨肉腫 7-9例
  6. その他の骨の肉腫 1-3例

悪性リンパ腫

①主な腫瘍:悪性リンパ腫、眼内リンパ腫、眼付属器リンパ腫、中枢神経系原発悪性リンパ腫

②主担当科:血液内科

③カンファレンス:血液内科カンファレンス

④希治療実績(2018-2022年院内がん登録より)

  1. 悪性リンパ腫 471例
  2. 眼内リンパ腫 0例
  3. 眼付属器リンパ腫 4-6例
  4. 中枢神経系原発悪性リンパ腫 1-3例

複数にまたがる領域

①主な腫瘍:原発不明がん、AYA世代、神経内分泌がん、神経内分泌腫瘍、腺様嚢胞がん、胚細胞腫瘍、パラがんグリオーマ

②主担当科:腫瘍内科、消化器内科、消化器外科、婦人科

③カンファレンス:NETキャンサーボード、AYAサポートチーム

④治療実績:(2018-2022年院内がん登録より)

  1. 原発不明がん 39例(腫瘍内科担当のみ)
  2. AYA世代 839例
  3. 神経内分泌がん(肺除く) 24例
  4. 神経内分泌腫瘍(肺除く) 58例
  5. 腺様嚢胞がん 4-6例
  6. 胚細胞腫瘍 27例
  7. パラがんグリオーマ 4-6例