栄養管理部

栄養管理部

ご挨拶

栄養管理部は、患者さん個々の病状に適した食事の提供並びに相談・指導を通し適切な栄養管理を行うことにより、栄養状態の改善や治療の維持をめざしています。

栄養管理部理念

「患者さんの病態に応じた、信頼され喜ばれる食事を提供するとともに、適切な栄養管理を行います」

栄養管理部基本方針

・患者さんの視点に立った満足度の高い最良の患者サービスに努めます。
・安心安全な食事を提供します。
・チーム医療を基本とした患者さん個々の栄養管理を実施します。

がんの症状や治療に伴い、食に関する様々な問題が出現します。必要な栄養量の確保や食事を摂取する上での問題に対し、患者さん個々に合わせた対応が必要となります。栄養管理部では、高度がん医療に対応できる管理栄養士の人材育成や質の向上、多職種や地域との連携を図り、患者さんのQOL(生活の質)の向上に努めています。

特徴・特色

給食管理

入院中は食事を楽しみにしていただけるよう、旬の食材や行事食を取り入れるなど、様々な工夫をしています。病態に合わせた治療食、制限食、食形態の変更、アレルギー対応食の提供だけでなく、十分な栄養量を確保し治療を完遂していただくことを目的に、苦手な食材の除去や食べやすい食品の付加等、できる限りの個別対応を行っています。

栄養指導

患者さん及びご家族を対象とした個別栄養食事相談では、病態に応じた治療食のほか、がん治療により食事がたべにくい場合等、症状に応じた情報提供を行っています。入院前や退院後の食事への配慮、外来通院中の栄養状態の維持改善など、さまざまな場面で食事の困り事をサポートさせていただきます。

チーム医療

NST(栄養サポート)PCT(緩和ケア)PUT(褥瘡対策)ICT(感染対策)摂食嚥下支援チームなど多職種との連携により、患者さんのQOL(生活の質)向上に取り組んでいます。

入院患者さんの食事

個別対応食

抗がん剤を使用していると味覚・嗅覚に変化が起きることが多く、「無味無臭でなければ食べられない」「食の好みが変わった」「口の中が染みる」等、個々に異なる変化が生じます。無理に食べようとすると吐き気を催したり、下痢を伴うこともあります。放射線治療を行っている場合は、のどごしの良い、刺激の少ないものを好まれる方もいます。このような副作用に対しては、管理栄養士が患者さんに直接状況を伺った上で、レスキュー食・ハーフ食・嚥下食・個別オーダー食等の個別対応食を提供しており、ご要望にできる限り寄り添った食事の提供を心がけています。

嚥下調整食

日本摂食・嚥下リハビリテーション学会嚥下調整食分類に沿った食事を提供しています。患者さんの摂食嚥下機能に合わせた食事の選択や、目標栄養量の充足について、摂食嚥下支援チームと連携しながら検討・調整を行っています。

画像をクリックして拡大することができます

献立表

入院患者さんのお食事(常食)の献立をご紹介します。

週間献立表
週間献立表1週

画像をクリックして拡大することができます

週間献立表2週

画像をクリックして拡大することができます

週間献立表3週

画像をクリックして拡大することができます

週間献立表4週

画像をクリックして拡大することができます

画像をクリックして拡大することができます

画像をクリックして拡大することができます

トピックス

バースデーサービス

患者サービスの一環として、バースデーサービスを提供しています。きれいに盛り付けたケーキやフルーツにカードを添えて、管理栄養士・調理師がベッドサイドに伺います。患者さんもご家族も大変喜ばれ、「思いがけないサプライズがうれしかった」「思い出に残る誕生日になった」とのコメントをいただいています。

バースデーサービス