歯科口腔外科

歯科口腔外科

ご挨拶

私たちは兵庫県立がんセンターの歯科口腔外科として、口腔がんや前がん病変に対する診断・治療を中心としながら、地域の二次医療機関として悪性腫瘍以外の口腔外科疾患に対する診療も行っています。 また頭頸部がん、消化器がん、呼吸器がんなど、院内で多臓器のがんに対して手術、放射線治療、化学療法などのがん治療を行う患者さんへの口腔ケアにも取り組んでいます。 いずれの治療を始めるに際しても、患者さんへの丁寧な説明が何よりも大切だと考えています。また患者さんはもちろん、患者さんをご紹介頂いた先生方とも丁寧な連携を図り円滑な診療に心がけています。

特徴・特色

口腔がんの治療としては外科的治療が基本であり、頭頸部外科、形成外科の協力のもとに行っています。治療の目標は根治性の向上を第一に考えていますが、手術により生じた組織欠損に対する各種皮弁・筋皮弁骨皮弁による再建手術(形成外科)や、歯科として顎欠損や歯牙欠損に対する顎補綴治療やインプラント治療に取り組むなど、“根治性と術後口腔機能の維持の両立”を治療目標として努力しています。また手術治療や術後放射線治療・化学療法などの治療方針は頭頸部外科、形成外科、放射線治療科、腫瘍内科、病理専門医と定期的な合同カンファレンスを開催して決定し、ひとりひとりの患者さんにとって最良の治療を提供できるよう心がけています。口腔がんの治療後には、食べる、しゃべる、顔貌など重要な社会的因子が関わっており、嚥下サポート、栄養サポート、リハビリテーションなど連携チーム医療で治療後の機能回復にも力を入れています

当科を受診される方へ

診察を受けるためには原則として紹介状と予約が必要となります。初診の際は、かかりつけの医療機関から当院患者支援センター地域連携室を通じてご予約をお願いいたします。

※初診時に即日処置ができず、後日予約を取り直して頂くことがあります。

※持ち込み画像を当院で読影・取り込めないこともあり、あらためて撮影させて頂く場合があります。

主な疾患

対象となる主な疾患は悪性腫瘍(口腔がん)や前がん病変をはじめとする口腔粘膜疾患ですが、地域の二次医療機関歯科口腔外科として悪性腫瘍以外の口腔外科疾患の治療も行っています。

  • 悪性腫瘍
  • 口腔粘膜疾患
  • 良性腫瘍
  • がん治療後の顎欠損に対するインプラント治療
  • 炎症性疾患(歯性感染症、骨髄炎、顎骨壊死)
  • 嚢胞、埋伏歯抜歯
  • 有病者外科治療
  • 唾液腺疾患
  • 顎関節疾患

しげた たかし

重田 崇至

      
役職

歯科口腔外科部長
(診療科長)

資格

日本口腔外科学会 指導医・専門医

日本口腔腫瘍学会 口腔がん専門医

日本がん治療認定医機構
がん治療認定医(歯科口腔外科)

卒業年度 2003年

かしん まさひこ

可信 雅彦

      
役職

歯科口腔外科医長

資格

口腔外科認定医

卒業年度 2013年

しみず かい

清水 海

      
役職

歯科口腔外科専攻医

卒業年度 2017年

まつもと こういち

松本 紘一

      
役職

歯科口腔外科専攻医

卒業年度 2021年

外来診療表

歯科口腔外科 1診 重田

(院内紹介のみ)

重田 清水 可信
2診

可信

清水

松本

 

可信

松本

清水

重田

可信
松本

重田

松本

清水

休診・代診のお知らせ

急な都合による休診情報は掲載できない場合がありますので、ご了承ください。

日程 診療科 変更内容
3月1日(金) 3月1日(金)重田医師 → 可信医師 → 代診
3月29日(金) 3月29日(金)重田医師 → 可信医師 → 代診

診療実績他

診療実績 2022年 2021年 2020年
悪性腫瘍 74名 80名 78名

良性腫瘍・嚢胞

91名 101名 103名

炎症性疾患

13名 10名 10名

インプラント関連

1名 1名 3名

その他

10名 4名 17名

入院患者数

189名 196名 211名

日本口腔外科学会認定研修施設
日本口腔腫瘍学会口腔がん専門医制度指定研修施設

標準治療について

標準治療については、原発巣に関しては10~15mmの安全域を設定し、ルゴール液や口腔粘膜蛍光観察機器を併用し切除を行っています。頸部リンパ節転移に対しては、それぞれの患者様の転移様式に応じて根治的頸部郭清や、より機能温存に配慮した選択的頸部郭清を選択して行っています。
T1では局所切除、T2-4では予防的頸部郭清を行い頸部リンパ節と原発巣を一塊に切除する方が予後がよいという報告もあります。ただ予防郭清の適応基準については一定の見解は得られていません。術後再発高リスク例に対しては術後(化学)放射線療法を施行しています。

治療成績について

代表的な舌がんと、舌がんを含む口腔がん全体の疾患特異的累積生存率(2008-2018)について以下に示します。

舌癌(250例)UICC8th

StageⅠ:99.0%
StageⅡ:93.5%
StageⅢ:75.9%
StageⅣ:68.4%

口腔がん(506例)UICC7th

StageⅠ:95.7%
StageⅡ:86.1%
StageⅢ:73.6%
StageⅣ:70.2%

2021年2月

紹介元の先生へ

当科を受診いただくにあたっては、原則として地域連携室を通じて診療予約をお願いいたします。