患者さん・ご家族の方へ

がんフォーラム・地域公開講座

兵庫県立がんセンタートップページ > 患者さん・ご家族の方へ > がんフォーラム・地域公開講座

がんフォーラム・地域公開講座(開催案内)

過去の開催案内はこちら

がんファーラムについて

進化・変貌するがん「肺がん診療最前線」をテーマとして、第19回がんフォーラムを開催します。
(開催日:令和2年2月1日(土))

兵庫県立がんセンター 進化・変貌する「肺がん診療最前線 」開催のお知らせ

兵庫県立がんセンターでは、県民の皆様を対象にがんに対する知識の普及・啓発を目的とした院外活動として、市民公開がんフォーラムを毎年定期的に開催しております。

がん診療で注目を集めている「免疫チェックポイント阻害剤」による治療と「ゲノム診療」で遺伝子を調べて使う「分子標的薬剤」による治療がもっとも進んでいて、治療効果の改善がめざましいのが「肺がん」です。
今回のがんフォーラムでは、次々に治療薬が増え、今までと変わらない生活を続けながら治療が可能となった内科治療、「ロボット手術」や「胸腔鏡手術」で体に優しくなった手術、切らずに根治を目指せる「定位放射線治療」や「免疫放射線治療」、早期発見のための検診や肺がんの診断方法など、肺がんの最新診療の実際を各専門医がお話します。
また、治療の変化とともに働き続けながら治療される方が増え、就労支援のニーズも増えていることから、就労支援を専門に行う看護師も講演し、ブースを設けてミニ相談会も行います。

リーフレット ダウンロード(参加申込書)

兵庫県立がんセンター 第19回がんフォーラム

テーマ 進化・変貌する「肺がん診療最前線 」
開催日時 令和2年2月1日(土)午後2時~4時40分(開場:午後1時30分)
会場 明石市民ホール(らぽす5階)
参加対象者 一般県民、医療関係者 定員250名
入場料 無料(受付番号を記載した参加証をご持参ください)
申込方法 FAX等での事前申込が必要です。
(FAX:078-929-2380  Email:jimukyoku@hyogo-ganshinryo.jp)
申込みの用紙は、リーフレットをダウンロードしていただいて、裏面の「参加申込書」をご利用ください。
申込締切り 令和2年1月24日(金)(但し、定員になり次第締め切ります)
プログラム ◇開会
◇はじめに 「肺がん診療の現在地」 兵庫県立がんセンター副院長 兼 ゲノム医療・臨床試験センター長
里内美弥子
◇第1部 ○検診で引っかかったらどうする? 肺がん診断って? 兵庫県立がんセンター放射線診断科部長 竹中 大祐
○放射線治療で切らずに治そう 兵庫県立がんセンター放射線部長 辻野佳世子
○知って得する肺がん手術~早く見つけてきっちり治そう~ 兵庫県立がんセンター 呼吸器外科医長 北村 嘉隆
◇休憩
◇第2部 ○肺がんの抗がん剤治療も様変わり!~進行がんと長く付き合う~ 兵庫県立がんセンター呼吸器内科部長 服部 剛弘
○長く付き合うための就労支援 兵庫県立がんセンターがん看護専門看護師 伊藤由美子
◇質疑応答
◇閉会
問合せ先 兵庫県立がんセンター総務部がんフォーラム事務局
TEL:078-929-1151(代表)
主催 兵庫県立がんセンター
共催 兵庫県がん診療連携協議会
後援 兵庫県医師会、明石市、明石市医師会、神戸市医師会、兵庫県看護協会、全国がんセンター協議会、神戸新聞社