がんセンターについて

その他の部門 -検査部-

検査部

兵庫県立がんセンタートップページ > がんセンターについて > その他の部門 > 検査部

検査部

国際規格「ISO15189」の認定取得 更新しました

兵庫県立がんセンター検査部は、平成29年2月21日に臨床検査の国際規格であるISO15189(臨床検査室:品質と能力に関する特定要求事項)の認定を取得しました。その後、定期サーベイランスと再審査を受け令和3年2月15日に更新が認定されました。

ISO15189とは、臨床検査に特化した国際規格です。
検査結果は、がんの診断・治療方針の決定・予後推定・治療効果の評価に重大な役割を担っています。国際規格による認定取得は、臨床検査室の技術能力が国際的に認められたということになります。臨床検査室から報告される検査結果が、信頼性の高いものと認められたことになり、それをもとに行われる当センターのがん診療の信頼性の担保にもつながります。

認定範囲には、検体検査部門(生化免疫・血液輸血・微生物・一般)だけでなく、がん診療には不可欠な病理部門・生理機能部門も含まれています。国際的に認められた検査技術により質の高い検査結果を提供し、当センターのがん診療を支えていくよう、これからも品質管理と技術能力の向上に検査部スタッフ一同取り組んでまいります。

公益財団法人 日本適合性認定協会のホームページ

概要

検査部では、病気の原因を究明するための情報や、治療方針の決定と薬の適否を考えるための情報を、「正確に早く」提供することを任務としています。専門の臨床検査技師が医療チームの一員として高度医療に沿えるよう、各学会の認定資格取得や研修会への参加を通じて研鑽に努めています。

検査結果の品質を確保するため、日々の内部精度管理はもちろんのこと、日臨技臨床検査精度管理調査を始めとする各種の外部精度管理サーベイに積極的に参加し、信頼性の高い検査データを提供できるよう努めています。
また、緊急時及び時間外手術に対応するため、24時間体制で検査を実施しています。
がんセンターの検査部としてそれぞれ部門ごとに特徴ある検査を行い、以下のような資格や認定を有する臨床検査技師が検査に携わっています(延べ人数)。

資格・認定名称 人数
細胞検査士 11
遺伝子分析科学認定士初級 1
遺伝子分析科学認定士一級 1
特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者 6
有機溶剤作業主任者 3
二級臨床検査士(病理学) 6
二級臨床検査士(微生物学) 1
認定病理検査技師 1
認定血液検査技師 2
認定微生物検査技師 1
日本サイトメトリー技術者認定 2
緊急臨床検査士 1
超音波検査士(体表臓器) 2
超音波検査士(消化器) 3
超音波検査士(循環器) 4
超音波検査士(血管領域) 1
日本糖尿病療養指導士 2

R4.6.1現在

検体検査

【生化学検査】

血液、尿、穿刺液中の糖、蛋白、脂質、酵素、電解質など約40項目を、自動分析装置を用いて測定しています。

【免疫検査】

感染症、腫瘍マーカーを中心とした検査を行っています。
感染症は術前検査として、腫瘍マーカーは腫瘍発見の為の検査の一つ、また治療の効果判定に有用な検査です。
現在、免疫測定装置3台を用いて、診察前検査に対応しています。

【血液検査】
【一般検査】

微生物検査

微生物部門では感染症の起炎微生物の検出と同定検査、薬剤感受性(抗生物質)検査を主な業務としています。全自動同定・薬剤感受性検査システムをはじめ、全自動血液培養測定装置を用いて、感染症の迅速検査に努めています。

院内感染対策(ICT)活動として特に易感染者の感染防止体制や発生状況の監視、予防のための教育、指導および事故発生時の処理等をチームとして参画しています。サーベイ報告としてはメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)や結核をはじめ、その他耐性菌情報を迅速に発信しています。

全自動血液培養測定装置

全自動血液培養測定装置

病理検査

生理機能検査

生理機能検査は病気を治療する際に必要です。心臓や肺の機能が手術や化学療法などの治療を受けられる状態かどうか調べたり、治療の副作用によって心肺機能が低下していないか調べるために検査します。
また、手術前には下肢静脈の血栓検索を行い肺塞栓症の防止やIVCフィルターの必要性の評価を行っています。

  • 心機能検査:心電図、運動負荷心電図、ホルタ心電図、心臓超音波検査
  • 肺機能検査:肺活量、努力肺活量、機能的残気量、肺拡散能
  • その他:下肢静脈超音波検査、頸動脈超音波検査、腹部超音波検査、血圧脈波検査、
        ヘリコバクターピロリ菌検査(尿素呼気試験)、聴力検査

超音波検査装置

輸血検査

現在実施中の臨床研究

現在実施中の臨床研究
No 研究タイトル 研究計画書
1 ADVIA2120i RBC Matrixならびにオリジナルパラメータを利用した各種疾患のpre-Classificationへのアプローチ 研究計画書(起案書)Ver1.0
2 肺癌分子診断における高解像度融解曲線分析法の有用性 オプトアウト 検査内容
3 全自動遺伝子検査装置GENECUBE及び感染症起因菌遺伝子検出試薬を用いた臨床性能評価試験 情報公開文書

なお、上記の試験への参加をご希望されない方は辞退することが可能ですので、研究計画書内に記載されている事務局担当者までお知らせください。

検査を終了した残余検体の使用について

検査部では、患者さんの血液や尿などの検体を用いて様々な検査を実施しています。検査後の検体は通常廃棄しますが、その一部を精度管理や教育、研究などの医療の質の向上のために使用することがあります(がんセンター受診時で包括同意をされた方のみ)。 残余検体を使用するために採血量が増えることや費用負担が発生することはありません。また、使用の際は匿名化するために個人情報が漏れることはありません。
残余検体の使用を拒否される場合は、下記まで連絡をお願い致します。ご連絡を頂いた方の検体は使用いたしません。

兵庫県立がんセンター 検査部 検査技師長
〒673-8558
明石市北王子町13-70
TEL:078-929-1151(代)

検査についてのご意見やご質問がございましたら、がんセンターホームページのトップページ、お問い合わせをご利用ください。