がんセンターについて

診療部の紹介 -皮膚科-

診療部の紹介

兵庫県立がんセンタートップページ > がんセンターについて > 診療部の紹介 > 皮膚科 > 標準治療と治療成績

標準治療・治療成績について

標準治療と治療成績

はじめに

当科は皮膚がんを中心に扱いますが、それ以外に皮膚良性腫瘍、表在性軟部腫瘍、皮膚悪性リンパ腫、転移性皮膚腫瘍などの病変を対象として診療を行っています。多くの例では外科治療が主体となり、2019年度の皮膚外科手術は302例で、全身麻酔は115例、局所麻酔は187例でした。

2014年に悪性黒色腫に免疫チェックポイント阻害剤ニボルマブ(商品名オプジーボ)が保険承認され、以後、悪性黒色腫では免疫チェックポイント阻害剤や、分子標的薬など、数種類の治療薬が新規に適応となっています。

2021年1月現在、免疫チェックポイント阻害剤は47例、分子標的薬は21例の患者様で使用経験を重ねています。まだ承認後の年数が少なく、中長期的な治療成績については今後の評価となりますが、少しでも予後を改善できるよう、最新のエビデンスやガイドラインに沿って適正使用につとめています。

基底細胞癌

基底細胞癌

黒色の結節がゆっくりと大きくなるもので、顔に発生することが多いです。最初はホクロのようだったものが、徐々に大きくなり、中央が潰瘍(表面がくずれる)化して、出血するようになってきます。後述の悪性黒色腫とよく間違われますが、基底細胞癌は他の臓器に転移することはまずありません。しかし、十分に切除しておかないと、同じ部分に再発することがあります。当科での手術例では再発症例はなく、この疾患で亡くなった方もありません。手術治療の困難な場合には放射線治療を行います。

有棘細胞癌

有棘細胞癌

最初はガサガサした病変(前癌状態)などから盛り上がった赤い結節が生じてきます。顔や手など紫外線の影響を受ける部分に生じやすいです。また、やけどや、ケガの傷跡(瘢痕)から発生する場合もあります。 病巣が浅く皮膚に限局する場合には5年生存率は92%~96%(ステージIおよびII)ですが、深部に浸潤する腫瘍やリンパ節に転移した場合(ステージIII)にはと、5年生存率は62%と低下します。また遠隔転移したステージⅣでは5年生存率は38%と不良です(当センターデータ)。単なる手術治療では治癒困難な場合には、放射線治療、化学療法を行います。

悪性黒色腫

皮膚のメラニン色素を作る細胞が悪性化した(いわばホクロの癌)もので、実際黒い色をした病巣ができてきます。盛り上がりのない平坦な色素斑で始まり、その中に隆起した結節(しこり)ができてきます。日本では足の裏に多いですが、紫外線の影響で顔や腕にできる方も少なくありません。大きく(最大径6mm以上)、形や色調の不規則な色素斑は要注意で、一度お近くの皮膚科で診て貰うことをお勧めします。手足の爪にできることもあります。爪では最初は茶色~黒色の細い線として見え、だんだんと幅が太く、そして色も濃くなってきます。爪の周りの皮膚にも色がついたり、爪が割れたりするのは、かなりの注意信号です。

悪性黒色腫

乳房外パジェット病

乳房外パジェット病の多くは、肛門の周囲や、男性では陰茎、陰嚢に、そして女性では陰唇など、いわゆる外陰部に発生します。湿疹の様に見え、赤い斑で、褐色の部分があったり、ビランしてジュクジュクすることもあります。掻痒(かゆみ)を感じることもあります。表皮に病気が限局している初期のうちに十分な治療ができれば、その後の心配はなくなります。しかし、この病気のことを知らないと単なる湿疹や、タムシなどのカビの病気として、間違った治療を続けたり、放置しているうちに、病気が進行してしまいます。結節(しこり)ができ、更にリンパ節などに転移し生命にもかかわってきます。困るのは発生しやすいのが外陰部という、他人に見られたくない部分であることです。病気のためとは言え、また、相手は医者だとは言え、厭だなと思うのは当然です。まして、御自分では「多分湿疹だろうし、これぐらいのことで受診するのも・・・」と考えられると、皮膚科への足が遠のくのも無理ありません。でも乳房外パジェット病は、極めて稀な病気ではありません。気になる皮膚症状があれば、一度皮膚科専門医を受診してください。「どうして、ここまで放っていたの!?」と言われない内に。
乳房外Paget病の5年生存率は、表皮内に限局した時期・真皮浸潤の時期・局所リンパ節転移の時期ではいずれも100%で、遠隔リンパ節転移では32%に減少します。遠隔臓器転移の場合には1年生存率で30%と極めて不良です。

乳房外パジェット病

血管肉腫

血管肉腫

「頭の皮膚に内出血ができた」といっていたら急に盛り上がってくる、出血する、という形で初めて来院されることが多いです。血管を作っている細胞が癌化しているので、血液がよく流れています。見た目にも赤い、紫色をしています。そして周囲にどんどんと広がっていくし、正常の血管の中にも細胞が流れこんで、他の臓器に転移もしやすいのです。手術、放射線、抗癌剤、免疫療法などを組み合わせて治療しますが、とても激しい病気です。

2016年1月

現在実施中の臨床研究

下記の臨床研究を実施しています。

社団法人日本皮膚悪性腫瘍学会 皮膚付属器悪性腫瘍予後調査

研究対象:

2010年1月より2019年12月まで当院で皮膚付属器悪性腫瘍の診断を受けた方

研究目的・方法:

皮膚付属器悪性腫瘍の診断を受けた症例の病理診断を、全国から選ばれた診断委員が中央診断を行います。そのうえで疾患ごとの予後の検討を行います。

研究に用いる試料・情報の種類:

病歴や術後経過の診療情報 (匿名化),病理組織標本 (匿名化)

研究に関する利益相反について:

なし

外部への試料・情報の提供:

研究の主体施設へのデータの提供は、特定の関係者以外がアクセスできない状態で行います。対応表は、当センターの皮膚科責任者が保管・管理します。

研究組織:

日本皮膚悪性腫瘍学会皮膚付属器癌予後調査委員会

事務局:
〒211-8533 神奈川県川崎市中原区小杉町1-396
日本医科大学武蔵小杉病院皮膚科
TEL 044-733-518 FAX 044-711-8727
事務局長  安齋 眞一(日本医科大学武蔵小杉病院皮膚科)
調査担当責任者  渡辺 晋一(帝京大学皮膚科学教室)

お問い合わせ先:

本研究に関するご質問等がありましたら下記の連絡先までお問い合わせ下さい。ご希望があれば、他の研究対象者の個人情報及び知的財産の保護に支障がない範囲内で、究計画書及び関連資料を閲覧することが出来ますのでお申出下さい。
また、試料・情報が当該研究に用いられることについて患者さんもしくは患者さんの代理人の方にご了承いただけない場合には研究対象としませんので、下記の連絡先までお申出ください。その場合でも患者さんに不利益が生じることはありません。

照会先および研究への利用を拒否する場合の連絡先:

〒673-8558 兵庫県明石市北王子町13-70
兵庫県立がんセンター 皮膚科・高井利浩
TEL:078-929-1151

進行期皮膚有棘細胞癌に対する化学療法の効果と予後に対する後方視的検討

研究対象:

2010年1月より2019年12月まで当院で皮膚有棘細胞癌に対して化学療法を受けた方

研究目的・方法:

皮膚有棘細胞癌に対して化学療法を受けた症例の治療法および臨床経過を記録します。薬剤ごとの奏効率の検討、有害事象の出現頻度の検討を行います。また臨床的予後(無増悪生存期間、全生存期間)についてカプランマイヤー法による生存曲線の解析を行います。

研究に用いる試料・情報の種類:

病歴や術後経過の診療情報 (匿名化)、病理組織標本 (匿名化)

研究に関する利益相反について:

なし

外部への試料・情報の提供:

研究の主体施設へのデータの提供は、特定の関係者以外がアクセスできない状態で行います。対応表は、当センターの皮膚科責任者が保管・管理します。

研究組織:

国立がん研究センター中央病院 皮膚腫瘍科 山崎直也
札幌医科大学 皮膚科 加藤潤史
山形大学 皮膚科 川口雅一
東北大学 皮膚科 藤村卓
群馬大学 皮膚科 安田正人
静岡県立静岡がんセンター 皮膚科 大塚正樹
兵庫県立がんセンター 皮膚科 高井利浩
京都府立大学 皮膚科 浅井純
長崎大学 皮膚科 鍬塚大
佐賀大学 皮膚科 永瀬浩太郎
福岡大学 皮膚科 柴山慶継
岡山大学 皮膚科 岩月啓氏
宮崎大学 皮膚科 持田耕介
研究代表者 土田哲也 埼玉医科大学皮膚科 教授
研究責任者 緒方大 同上 講師

お問い合わせ先:

本研究に関するご質問等がありましたら下記の連絡先までお問い合わせ下さい。ご希望があれば、他の研究対象者の個人情報及び知的財産の保護に支障がない範囲内で、研究計画書及び関連資料を閲覧することが出来ますのでお申出下さい。
また,試料・情報が当該研究に用いられることについて患者さんもしくは患者さんの代理人の方にご了承いただけない場合には研究対象としませんので、下記の連絡先までお申出ください。その場合でも患者さんに不利益が生じることはありません。

照会先および研究への利用を拒否する場合の連絡先:

〒673-8558 兵庫県明石市北王子町13-70
兵庫県立がんセンター 皮膚科・高井利浩
TEL:078-929-1151

研究責任者:緒方大 埼玉医科大学皮膚科講師
研究代表者:土田哲也 埼玉医科大学皮膚科 教授

皮膚腺様嚢胞癌における病理組織学的特徴の検討

研究対象:

2010年1月より2019年12月まで当院で皮膚腺様嚢胞癌の手術治療を受けた方

研究目的・方法:

皮膚腺様嚢胞癌と診断された症例の治療法および臨床経過を記録します。また、既存の病理組織標本を光学顕微鏡下で観察し、FISHによってMYB遺伝子転座の有無を確認します。MYB遺伝子転座陽性例では、転座を保有する腫瘍細胞の種類を同定します。

研究に用いる試料・情報の種類:

病歴や術後経過の診療情報 (匿名化)、病理組織標本 (匿名化)

研究に関する利益相反について:

なし

外部への試料・情報の提供:

研究の主体施設へのデータの提供は、特定の関係者以外がアクセスできない状態で行います。対応表は、当センターの皮膚科責任者が保管・管理します。

研究組織:

兵庫県立がんセンター 皮膚科 非常勤医 後藤啓介
兵庫県立がんセンター 皮膚科 部長 高井利浩
兵庫県立がんセンター 病理診断科 部長 梶本和義
静岡県立静岡がんセンター 病理診断科 部長 杉野隆
大阪国際がんセンター 病理・細胞診断科 部長 中塚伸一
秋田大学医学部 器官病態学講座 助教 吉田誠

お問い合わせ先:

本研究に関するご質問等がありましたら下記の連絡先までお問い合わせ下さい。ご希望があれば、他の研究対象者の個人情報及び知的財産の保護に支障がない範囲内で、研究計画書及び関連資料を閲覧することが出来ますのでお申出下さい。
また、試料・情報が当該研究に用いられることについて患者さんもしくは患者さんの代理人の方にご了承いただけない場合には研究対象としませんので、下記の連絡先までお申出ください。その場合でも患者さんに不利益が生じることはありません。

照会先および研究への利用を拒否する場合の連絡先:

〒673-8558 兵庫県明石市北王子町13-70
兵庫県立がんセンター 皮膚科・高井利浩
TEL:078-929-1151

研究責任者:兵庫県立がんセンター 皮膚科 非常勤医 後藤啓介

本邦におけるメルケル細胞癌の発症、病期、治療、予後に関する疫学調査

研究対象:

2010年1月より2019年12月まで当院でメルケル細胞癌の手術治療を受けた方

研究目的・方法:

メルケル細胞癌と診断された症例の治療法および臨床経過を記録します。また、既存の病理組織標本を光学顕微鏡下で観察し、必要に応じて免疫染色を用いてメルケル細胞ポリオーマウイルス(MCPyV)の検索を施行します。

研究に用いる試料・情報の種類:

病歴や術後経過の診療情報 (匿名化)、病理組織標本 (匿名化)

研究に関する利益相反について:

なし

外部への試料・情報の提供:

研究の主体施設へのデータの提供は、特定の関係者以外がアクセスできない状態で行います。対応表は、当センターの皮膚科責任者が保管・管理します。

研究組織:

●成澤寛 佐賀大学医学部内科学皮膚科 教授
○永瀬浩太郎 佐賀大学医学部内科学皮膚科 講師
井上卓也 佐賀大学医学部内科学皮膚科 准教授
中島康爾 弘前大学大学院医学研究科皮膚科学講座 助教
加藤真紀 秋田大学医学部感覚器学講座皮膚学科形成外科学分野 助教
森志朋 岩手医科大学皮膚科学講座 講師
藤村卓 東北大学大学院医学系研究科神経感覚器病態皮膚科学 助教
安田正人 群馬大学大学院医学系研究科皮膚科学 助教
緒方大 埼玉医科大学皮膚科 助教
林宏一 信州大学医学部皮膚科 講師
中井康雄 三重大学医学部皮膚科 助教
加来洋 京都大学大学院医学研究科皮膚科 助教
浅井純 京都府立大学大学院医学研究科皮膚科学 講師
鶴田大輔 大阪市立大学大学院医学研究科皮膚病態学教授
小澤健太郎 国立病院機構大阪医療センター皮膚科 医長
高井利浩 兵庫県立がんセンター 皮膚科部長
森裕美 鳥取大学医学部感覚運動医学講座皮膚病態学分野 医員
夏秋洋平 久留米大学医学部皮膚科助教
福島聡 熊本大学生命科学研究部皮膚病態治療再建学分野 講師
(○:研究責任者、●:研究代表者)

お問い合わせ先:

本研究に関するご質問等がありましたら下記の連絡先までお問い合わせ下さい。ご希望があれば、他の研究対象者の個人情報及び知的財産の保護に支障がない範囲内で、研究計画書及び関連資料を閲覧することが出来ますのでお申出下さい。
また、試料・情報が当該研究に用いられることについて患者さんもしくは患者さんの代理人の方にご了承いただけない場合には研究対象としませんので、下記の連絡先までお申出ください。その場合でも患者さんに不利益が生じることはありません。

照会先および研究への利用を拒否する場合の連絡先:

〒673-8558 兵庫県明石市北王子町13-70
兵庫県立がんセンター 皮膚科・高井利浩
TEL:078-929-1151

研究責任者:佐賀大学医学部内科学皮膚科 講師 永瀬浩太郎
研究代表者:佐賀大学医学部内科学皮膚科 教授 成澤寛   

皮膚腫瘍の病巣内真皮に脂肪化生をみた症例の臨床病理学的検討

研究対象:

1997年4月より2020年3月まで当院で皮膚腫瘍の診断・治療を受けた方

研究目的・方法:

皮膚腫瘍における病巣内真皮の脂肪化生の疫学、特徴、臨床病理学的所見を記録します。また,既存の病理組織標本を光学顕微鏡下で観察し,炎症細胞浸潤、自然消退、線維化の有無を確認します。脂肪細胞であることの確認を、既に免疫染色がなされている例においては、これも既存の病理組織標本で行います。

研究に用いる試料・情報の種類:

病歴や術後経過の診療情報 (匿名化),病理組織標本 (匿名化)

研究に関する利益相反について:

なし

外部への試料・情報の提供:

データの収集、管理、解析は,特定の関係者以外がアクセスできない状態で行います。対応表は,当センターの皮膚科責任者が保管・管理します。

研究組織:

兵庫県立がんセンター 皮膚科 部長 高井利浩
兵庫県立がんセンター 皮膚科 非常勤医 後藤啓介

お問い合わせ先:

本研究に関するご質問等がありましたら下記の連絡先までお問い合わせ下さい。ご希望があれば、他の研究対象者の個人情報及び知的財産の保護に支障がない範囲内で、研究計画書及び関連資料を閲覧することが出来ますのでお申出下さい。
また、試料・情報が当該研究に用いられることについて患者さんもしくは患者さんの代理人の方にご了承いただけない場合には研究対象としませんので、下記の連絡先までお申出ください。その場合でも患者さんに不利益が生じることはありません。

照会先および研究への利用を拒否する場合の連絡先:

〒673-8558 兵庫県明石市北王子町13-70
兵庫県立がんセンター 皮膚科・高井利浩
TEL:078-929-1151

研究責任者:兵庫県立がんセンター 皮膚科 部長 高井利浩
研究代表者:兵庫県立がんセンター 皮膚科 部長 高井利浩