がんセンターについて

診療部の紹介 -放射線診断科-

診療部の紹介

兵庫県立がんセンタートップページ > がんセンターについて > 診療部の紹介 > 放射線診断科

放射線診断科

診療カレンダー

 
放射線診断科 1診 前田 竹中 前田 橋本 竹中

概要

すべての診療科にかかわる画像診断と画像誘導下の低侵襲な診断・治療技術であるインターベンショナルラジオロジー(IVR)を行います。画像診断では、CT、MRI、消化管造影、核医学検査、PET-CT等の検査実施,読影業務を行います。血管系IVRでは、中心静脈リザーバー留置術や肝癌に対する肝動脈塞栓療法, 非血管系IVRでは、CT透視下での腫瘍生検、膿瘍ドレナージを行います。また、麻酔科と共同でCT透視下神経ブロックを行います。

当科を受診される方へ

CT、MRI、核医学検査、PET-CT等最新の診断機器による検査を実施し、得られた画像の読影を行っています。当院での検査を希望される方は、お近くの診療所や一般病院の担当の先生と相談された後、当院地域医療連携室宛に検査の予約をお願いします。検査当日は、放射線科専門医が、問診と検査の説明をさせていただき、造影検査の方には造影剤使用同意書にご署名いただきます。なお、検査の安全確保のため、ペースメーカーを装着されている方にはペースメーカーの機種を、糖尿病治療中の方には薬剤名をお伺いします。

画像診断の他に、超音波、CT、X線透視等を利用して、カテーテルという細長い管を血管内に挿入する手技として、中心静脈リザーバー留置術、動脈塞栓療法を行い、体外から標的病変を穿刺する手技として、腫瘍生検、膿瘍ドレナージ等を行っています。インターベンショナルラジオロジーと称されますこれら低侵襲技術は、原則として、院内各診療科専門医がその適応を判断された後に依頼をお受けいたしております。先ずはお近くの診療所や一般病院の担当の先生と相談された後、該当する疾患の当院診療科を受診いただきますようお願いします。

当科を受診される方へ

紹介元の先生方へ

CT、MRI、核医学検査、PET-CT等の検査予約は、地域医療連携室を通してお願いします。検査当日は、放射線科専門医が、患者様に問診と検査の説明をさせていただき、造影CT・MRI検査の方には造影剤使用同意書にご署名いただきます。また、検査の安全確保のため、ペースメーカーを装着されている方にはペースメーカーの機種を、糖尿病治療中の方には薬剤名をお伺いします。なお、腎機能低下(クレアチニン値1.5以上)の方は、CT、MRI等の造影検査は避けるようにお願いします。撮像された画像はCDにて当日患者様にお渡しすることができますが、放射線科専門医による画像診断レポートは翌日以降に地域医療連携室より郵送させていただきます。

各種悪性腫瘍に対する画像誘導下の低侵襲な診断・治療技術(インターベンショナルラジオロジー)として、当科では、中心静脈リザーバー留置術、動脈塞栓療法、動注療法、動注リザーバー留置術、腫瘍生検、膿瘍ドレナージ等を行っています。これらのインターベンショナルラジオロジーは、原則として院内診療科から依頼を受けて行いますので、当院該当診療科をご紹介いただき、各科専門医の治療適応判断に基づき、当科を紹介していただくことになります。

スタッフ

スタッフ 資格等 主な所属学会
竹中 大祐
放射線診断科部長
1990年卒
放射線診断専門医
肺がん CT 検診認定医師
日本医学放射線学会
日本肺癌学会 評議員 日本肺癌学会
核医学専門医
PET 核医学認定医
日本核医学会
胸部放射線研究会 世話人 胸部放射線研究会
  呼吸機能イメージング研究会
  北米放射線学会
  ヨーロッパ放射線学会
前田 弘彰
放射線診断科部長
1993年卒
放射線診断専門医 日本医学放射線学会
IVR専門医
日本IVR学会代議員・教育委員
日本IVR学会
  日本門脈圧亢進症学会
日本救急放射線研究会 世話人 日本救急放射線研究会
鈴木 加代
放射線診断科部長
1997年卒
放射線診断専門医 日本医学放射線学会
日本核医学会 評議員
核医学専門医
PET 核医学認定医
日本核医学会
検診マンモグラフィ読影認定医 日本乳癌学会
  日本肺癌学会
橋本 知久
放射線診断科医長
2001年卒
放射線診断専門医 日本医学放射線学会
  日本IVR学会
検診マンモグラフィ読影認定医 日本乳癌学会
PET 核医学認定医
河野 泰秀
放射線診断科医長
2011年卒
  日本医学放射線学会
東田 歩
放射線診断科医員
2013年卒
  日本医学放射線学会

2018年4月