がんセンターについて

その他の部門 -放射線部-

検査部

兵庫県立がんセンタートップページ > がんセンターについて > その他の部門 > 放射線部

放射線部

放射線部のご案内

放射線部では、X線撮影をはじめ血管造影、CT、MRI、核医学、超音波などの検査と放射線治療を行っています。それぞれの画像診断・治療にはPET/CT装置をはじめとして高度な機能を有する最新の装置を備えて診療行為を行っています。

また、放射線技師は、専門分野の各種学会が認定する資格を持ち、患者さんとの対応には思いやりの精神で、適切な分かりやすい説明を行うことを基本としておりますので何なりとお尋ねください。

取得認定・受講等
管理関係 第1種放射線取扱主任者 画像診断関連 核医学専門技師
X線作業主任者 PET研修セミナー
γ線透過写真作業主任者 臨床技術能力検定総合核医学3級
第1種作業環境測定士 上級磁気共鳴専門技術者
放射線管理士 臨床技術能力検定MRI3級
放射線機器管理士 CT国際認定技師
医療情報技師 肺がんCT検診認定技師
医用画像情報精度管理士 X線CT認定技師
ストロンチウム-89 治療安全取扱講習会 臨床技術能力検定CT3級
教育関係 臨床実習指導教員 マンモグラフィ撮影認定放射線技師
放射線治療関係 放射線治療専門放射線技師 マンモグラフィ検診施設画像
放射線治療品質管理士 救急撮影認定技師
医学物理士  

各検査について

撮影方法、検査方法の詳細を知りたい方は下のリンク先のページをご覧下さい。

一般撮影について

胸部、腹部や骨などのX線撮影を行う部門です。
撮影部位や目的により胸腹部撮影室、外科系(骨)撮影室、乳房撮影室、泌尿器撮影室、X線テレビ透視室で撮影をします。

撮影にはFPD(Flat Panel Detector)装置とCR(Computed Radiography)装置を使用し、X線TV装置はFPD装置とDR(Digital Radiography)装置を使用しています。 撮影した画像はPACS(医用画像情報システム)と院内ネットワークの連携により、画像を必要な時に、必要な場所(診察室、病棟、手術室など)で迅速に取得、表示することができます。

血管造影検査について

血管造影は、カテーテルという細い管を血管内に挿入し、造影剤を使って体内のあらゆる血管を撮影します。
血管の走行、形態、閉塞などを調べ、治療したい臓器に直接血管から薬を入れ治療を行うこともあります。
当センターでは悪性腫瘍の血管に直接抗癌剤を投与する動注化学療法や、腫瘍血管を詰めて、癌細胞を死滅させる塞栓療法を積極的に行っています。
また、抗がん剤注入のためのポート・カテーテル留置術なども行っています。

CT検査について

CTとはComputed Tomographyの略でコンピューター断層撮影法といい、X線とコンピューターを使って身体の輪切りの画像を作り、病気の状態、大きさ、形態、周囲との関係を見ることができます。

CTは全身の撮影が可能で、主に頭頚部、胸腹部、四肢などに分けて検査を行います。
検査には単純と造影があり、造影検査は造影剤を静脈注射して行います。
また、造影剤を急速注入して経時的に撮影し、各臓器や病変の血行動態を調べるダイナミックCTがあります。

【装置について】

CT装置
・Aquilion 16slice(東芝) 平成17年1月導入
・Aquilion 80slice(東芝) 平成26年2月導入
・Asteion 4slice (東芝) 平成12年3月導入

【マルチスライスCTの特長】
【CTガイド下透視検査】

MRI検査について

MRIとはMagnetic(磁気)・Resonance(共鳴)・Imaging(画像)の略称です。

この検査は、放射線を使用しません。強い磁石と電磁波を用いて撮像する検査です。長いトンネルの中に入って検査します。撮像中は工事現場のような大きな音がしますので、耳栓または、ヘッドフォンをして入っていただきます。検査にかかる時間は約30分~1時間です。

詳しい画像を撮るために「造影剤」を静脈に注射して検査を行うことがあります。「造影剤」を使うことによって、体の中の様子や血液の流れが見えやすくなり、より正確な診断ができます。

平成28年12月より、GE社製Signa HDxt-1.5T MRI装置に加え、PHILIPS社製Ingenia 3.0T(テスラ) MRI装置を導入しました。

※検査精度の向上
3.0T装置の導入により、短時間で高画質な画像を得られるようになり、CTや既存のMRI装置では見つけにくかった微小な病変に対する検出能力の向上が期待でき、がんなどへの早期発見、早期治療に一層貢献できるようになりました。

※検査環境の改善
MRI検査の需要は年々高まる一方ですが、その検査環境は狭いMRI装置の中に閉じ込められるという、患者様にとって苦痛な状況となっていました。Ingenia 3.0Tの導入により、画質の向上と検査のスピードアップが図れるとともに、装置の開口径が70㎝と既存装置より約10cm広がり、ゆとりのある空間での検査が可能となりました。また、検査室内にMRI装置専用の画像表示装置(sensavue)を設置し、映像と音楽によりMRI検査時の不安を低減し検査中の患者様がリラックスした環境で快適に検査を受けることができるようになっています。

【MRI画像】

・体軸方向に複数の検出器を装備し、短時間で広範囲撮影することができます。
・三次元画像(3D)や任意の断面を表示することができ、病変の状態が分かります。

画像

【MRIなんでもQ&A】
検査はどんなところでするの?
幅60~70cmほどのトンネルの中に寝ていただきます。
息を止めないといけないのですか?
ほとんどの場合息を止めることはなく、ベッドの上に寝ているだけで検査は終了します(胸部、腹部の検査では、息を止めていただく事があります)。
検査の途中で動くことはできますか?
検査中に体を動かすと写真を撮っている位置が変わる場合があります。
また良い写真が撮れないので正確な診断ができなくなる可能性がありますので、検査中は、動かないようにお願いします。
【検査を受けられるときの注意点】

金属は検査の妨げになりますので、以下のものは取り外してください。

次のような方は検査が出来ない場合がありますので、必ず事前にお知らせください。

撮像する部位やその周囲に金属等があると、磁場が乱れて画像が歪む可能性があります。このため検査着への着替えをお願いすることがあります。
その際は、スタッフがご案内致します。

【検査中の注意点】

核医学検査について

核医学検査は、患者さんに放射性医薬品(ラジオアイソトープ)を投与することからはじまります。投与された放射性医薬品は、種類によりさまざまな臓器や組織に集まり、その体内から出る放射線を装置で検出します。このように核医学検査では、放射性医薬品が臓器や組織にどのような集まり方をするかで、さまざまな機能や代謝を画像やデータとして得ることができます。

CT・MRIなどの形態画像(形を見る画像)では得られない機能・代謝情報は、病態の診断のみならず治療方針の決定や治療効果の判定に重要です。

核医学検査の放射性医薬品は、半減期(放射能量が半分になる時間)が短い放射性物質を使用するので、短期間のうちに体内から消えていきます。また、投与量が少ないので、副作用がほとんどないのが特長です。

検査を受けていただく際には何点か注意事項がありますので、詳しくは診察時にお尋ねください。

  • 最新式PET/CT装置を導入しました

    PET画像,Fusion画像,CT画像

    MIP画像

  • Discovery IQ.x(GE社製) 平成27年12月導入
【PET/CT検査とは】

PET(Positron Emission Tomography:陽電子放出断層撮影法)検査では、ブドウ糖にポジトロン核種(陽電子放出核種)を合成した検査薬剤18F-FDGを静脈に注射します。この薬剤はブドウ糖を消費する細胞に取り込まれ、ブドウ糖消費の多いがん細胞に多く取り込まれます。これにより、がんの大きさ、活動性、転移などを捉え、的確な治療法を選択することができます。

PET/CT装置は、病変の検出能に優れるが位置情報が不明瞭なPET装置と位置情報に優れるが病変検出能に劣るCT装置を組み合わせて、両方の長所を融合させた検査装置です。

当センターでは、平成28年(2016年)1月から、最新式PET/CT装置が増設され、合計2台のPET/CT装置が稼動しています。これにより、検査待ち日数が短縮され、より多くの患者様に対応できるようになりました。

新たなPET/CT装置(Discovery IQ.x)は、全国で3番目(近畿で2番目)に導入された最新式の装置になります。この装置の一番の特長は、頭足方向の検出器幅が26cm(既存の装置では約16cm)と格段に広いため、検査時間を短くできます。また、検出器幅が広いことで、体内から発生する放射線(ガンマ線)が検出器の中に入射する確率が高まり、感度が向上しています。つまり、より速く、正確な診断が可能となりました。

【アイソトープ内用療法】

当センターでは、ストロンチウム-89のβ線を用いた骨転移に対する疼痛緩和治療を行っています。
この治療法は、外部放射線治療や薬による疼痛のコントロールが困難な症例に対しても有効であり、その方法は、適応判定の検査をしたあとにストロンチウムを注射するだけという、患者さんにとって負担の軽い治療法です。

【機器管理】

核医学画像は、装置の性能・精度に頼るところが大きく、これらを正しく安全に作動させることが必須条件になります。
当センターでは、機器メーカーによるNEMAやJESRAに準じた点検を行っています。

放射線治療について

放射線治療は、エネルギーの高い放射線を使用して病気を治療します。放射線は人体に対して影響がありますが、正常な細胞が受けるダメージを極力少なくし、病変部に集中して放射線が当たるよう、精度の高い治療計画を行っています。

また、手術をすれば傷跡が残ったり、体の動きが損なわれたりする場合がありますが、放射線治療では正常な機能を損なうことなく治療することが可能です。

【外部照射(体外から腫瘍に照射)】
定位放射線治療

小さな病巣を標的とし、多方向から高精度に集中して放射線を照射することにより、通常の放射線治療よりも周囲の正常組織への放射線量を極力抑えて治療することが可能となる放射線治療法です。

IMRT(強度変調放射線治療)

腫瘍の形状に合わせた線量分布により、腫瘍に放射線を集中して照射することができ、正常組織への被ばくを極力避けることができます。

【密封小線源治療(体内に密封された放射性物質を入れて直接照射)】
腔内照射

イリジウム(Ir-192)を用いた婦人科がん(子宮頸がん、子宮体がん、膣がん等)に対する治療です。

【装置について】
治療計画装置
【品質管理】

放射線治療は、医学物理士、放射線治療品質管理士によるQA/QC(品質保証/品質管理)が重要であり、当センターでは有資格者のもと、安全管理体制を構築しています。