がんセンターについて

その他の部門 -地域医療連携部-

地域医療連携部

兵庫県立がんセンタートップページ > がんセンターについて > その他の部門 > 地域医療連携部

地域医療連携部

当センターでは,地域医療連携部に医師、看護師、医療ソーシャルワーカー(MSW)及び事務職員を配置し、兵庫県のがん拠点病院として地域連携クリティカルパスの考え方を取り入れた病診・病病・病病診連携システム(連携医療システム)の組織づくりに向けた努力をしています。
診察予約や検査予約などの患者紹介システムの充実、逆紹介システムの充実、高額医療機器の有効利用、医療技術向上のための情報提供、勉強会や講習会へのお誘い、訪問看護や介護センターとの連携、保険事業への協力などの面で、地域連携を推進したいと考えています。
当センターでの地域医療連携部の特徴は、がん患者の方が対象ですので、がんの初期治療後の継続医療に関する逆紹介のほかに、緩和医療やターミナルケアに関する連携も重要な領域となっています。

地域医療連携部

地域医療連携部の役割

  1. 地域医療機関からの紹介患者さんを事前に受け付けます
  2. セカンドオピニオンの予約を受け付けます
  3. かかりつけ医の相談をお受けします
  4. 患者相談

    当センターの外来・入院患者さんを対象として、担当看護師・医療ソーシャルワーカーによる患者相談を行っています(予約優先)

  5. 地域関係者との合同カンファレンス
  6. 地域への広報誌「かけはし」の発行
  7. 地域医療交流会の開催

地域医療連携部スタッフ

地域医療連携部長(医師・兼任)
地域医療連携課長(兼看護長)
看護師
医療ソーシャルワーカー
事務職員
がん看護専門看護師とも連携しチームで支えていきます。

なお、一般の方・医療関係者の方からのご相談は、「がん相談支援センター」でお受けします。