がんセンターについて

診療部の紹介 -病理診断科-

診療部の紹介

兵庫県立がんセンタートップページ > がんセンターについて > 診療部の紹介 > 病理診断科

病理診断科

概要

『病理診断科』は耳慣れない名称でしょうが、当センターの診療各科と連携し、病気の診断に当たっています。従来から医師の専属する検査部病理検査室として「縁の下の力持ち」の役割を果たし医療を支えてきましたが、平成20年4月1日の政令で内科や外科などと同様、診療科の一つとして標榜することが出来るようになりました。病理診断科に所属する医師を「病理医」と呼びます。

それでは病理診断とはどのようなものでしょうか。病変そのものを直接肉眼で、あるいは標本を顕微鏡で観察し、その意義を判断する医行為であり、非常に重要な意味を持っています。病理診断には大きく分けて組織診と細胞診があります。組織診は内視鏡下、穿刺針、小切開等で治療方針を決めるために採取(生検)された小さな組織を診断する場合と、外科的あるいは内視鏡的に切除された臓器を診断する場合があります。病気が腫瘍か非腫瘍性(炎症、反応性変化等)か、腫瘍であれば良性か悪性か、組織型は何か、癌で切除された臓器では癌の進行度やリンパ節転移の有無、癌が完全に切除されたかなどを診断します。一方、細胞診は細胞検査士(臨床検査技師)と共に、病変に対する擦過、穿刺吸引、洗浄、ぬぐい、あるいは蓄痰、排泄物等で得られた細胞を1個ずつ丹念に観察し、腫瘍細胞が含まれていないかどうかを診断します。組織診に比べて情報量は劣ることが多いものの、患者様には御負担の少ない検査法です。このような病理診断をもとに臨床各科で今後の治療方針が検討され、癌の場合手術を行うか化学療法や放射線治療を行うかが決定されます。また当センターでは乳癌におけるホルモンレセプターの発現や、血液疾患、乳癌、肺癌、大腸癌を主とした遺伝子異常を免疫組織化学染色やFISHを用いて検索し、疾患特異的な治療に反映させています。

病理診断科のもう一つの重要な仕事として病理解剖があげられます。不幸にして入院中の患者様が亡くなられた場合、死亡原因の探求や診断の検証、治療効果の判定などを目的として、主治医より御遺族に病理解剖をお願いする場合があります。御同意をいただいた場合、病理医は主治医と共に病理解剖を実施いたします。その結果は後日、主治医や他の医療スタッフ、研修医と共に臨床病理検討会(CPC, Clinicopathological Conference)で詳細に検討され、医学教育や今後の医療の発展に役立たせております。

当科を受診される方へ

スタッフ

スタッフ 資格等 主な所属学会
廣瀬 隆則
病理診断科部長
神戸大学地域連携病理学研究所所長
(神戸大学医学部地域連携病理学特命教授)
1981年卒
日本病理学会病理専門医・研修指導医 日本病理学会
日本臨床細胞学会 細胞診専門医 日本臨床細胞学会
  日本脳腫瘍病理学会
  日本神経病理学会
  日本レックリングハウゼン病学会
厚生労働省死体解剖資格認定
佐久間 淑子
病理診断科部長(診療科長)
1993 年卒
日本病理学会病理専門医・研修指導医・学術評議員 日本病理学会
日本専門医機構病理専門医 日本臨床細胞学会
日本臨床細胞学会 細胞診専門医 日本内科学会
日本消化器病学会 専門医 日本消化器病学会
日本内科学会総合内科専門医 日本肺癌学会
  日本乳癌学会
がん治療認定医 日本がん治療認定医機構
厚生労働省死体解剖資格認定
梶本 和義
病理診断科部長
1994年卒
日本病理学会病理専門医・研修指導医・学術評議員 日本病理学会
日本臨床細胞学会 細胞診専門医 日本臨床細胞学会
  日本血液学会
臨床検査管理医、臨床検査専門医 日本臨床検査医学会
神戸大学大学院 医学研究科病理病態学分野客員准教授 日本リンパ網内系学会
厚生労働省死体解剖資格認定
酒井 康裕
病理診断科部長
1997年卒
日本病理学会 病理専門医研修指導医・学術評議員 日本病理学会
日本専門医機構認定病理専門医 日本臨床細胞学会
厚生労働省死体解剖資格認定 日本肺癌学会
日本臨床細胞学会細胞診専門医・教育研修指導医 日本呼吸器学会
日本臨床検査医学会 臨床検査管理医 日本臨床検査医学会
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 国際病理アカデミー日本支部
  International Association for the Study of Lung Cancer
前田 尚子
病理診断科医長
2002年卒
日本病理学会病理専門医・研修指導医・学術評議員 日本病理学会
日本臨床細胞学会 細胞診専門医 日本臨床細胞学会
  日本乳癌学会
厚生労働省 死体解剖資格認定
小林 杏奈
病理診断科医員
2013年卒
日本病理学会病理専門医 日本病理学会
  日本臨床細胞学会

2018年9月

*他に、以下のように、各領域を専門とする非常勤病理医が、当センターの病理診断、教育に関わっています。

◆消化器(肝、胆、膵): 林祥剛[神戸大学]
◆消化管: 狛雄一朗[神戸大学]
◆一般: 小松正人[神戸大学]

*病理専門医研修(特に病理解剖)では、兵庫県立加古川医療センターの病理医の協力、指導を受けています。
*当センター皮膚科で行われた生検、手術については、皮膚科医師と共に病理診断を行っております。
*病理診断支援として、テレパソロジーシステムを用いた遠隔術中迅速病理診断を行っています。

学会施設認定、有資格者数、設備

日本病理学会 研修登録施設 第5127号

病理専門医研修指導責任者1名、病理専門医研修指導医5名(以上延べ数)
日本臨床細胞学会 認定施設 第0721号

常勤細胞診専門医5名、常勤細胞検査士5名、常勤病理専門医5名
国際細胞検査士4名(延べ数)
平成19年12月の特定化学物質障害予防規則等の改正(ホルムアルデヒド、1,3-ブタジエン、硫酸ジエチル)に基づく発散抑制装置の設置工事済、作業環境測定や特殊健康診断も実施
特定化学物質作業主任者2名(臨床検査技師)

日本臨床検査医学会 認定研修施設 第189号
常勤臨床検査専門医2名

ISO認定番号 RML01230

2017年4月

当科を受診される方へ

病理診断科は検査診断業務に特化した診療科であり、外来での患者様の診察は行っておりません。病理診断について説明を御希望される場合は主治医を通じてお申し出下さい。

臨床研究について

当院では、がん患者さんに最善の治療を提供するため、病理標本を用いてがんの疫学調査を行っています。その結果に基づいてよりよい病理学的基準の確立、診断治療指標の確立を目指しています。これらの臨床データは通常の診察時に記録されるデータであり、特別に患者さんに負担していただく費用や検査等はありません。患者さんには臨床データ利用の目的と趣旨を御理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。このような研究に関してさらに説明を希望される方、またこのような研究への利用を希望されない方は担当医師までお申し出ください。

●現在当科では、治験審査委員会・倫理審査委員会の承認を得て、京都府立医科大学病理学教室 小西英一講師が主研究者として行う多施設共同研究に参加しております。この研究は、まれな疾患である骨原発軟骨肉腫の予後解析を行うとともに、病理診断の際に有用な所見や予後との関連が強い所見を抽出することでわが国の軟骨肉腫の診断精度や治療成績の向上に寄与することを目的として, 病理組織の検討を行うものです。

●平成24年度第10回倫理審査委員会において議題「ALK融合遺伝子陽性肺癌の 検出を目的とした3種類の検査法(免疫染色法・FISH法・PCR法)の一致性について」の承認を得ました。この検討は、当センター病理診断科が主体となって、同遺伝子陽性肺癌の診断精度の向上を目指すもので、2003年から2009年までに当センター呼吸器外科で切除された肺癌872例の病理標本及びその診療情報(主に画像評価、病理診断)を用います。

●平成27年4月の倫理審査委員会において、議題「芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍の分子病理学的検討」の承認を得ました。この検討は、公益財団法人がん研究会がん研究所病理部・有明病院病理部の竹内賢吾医師が主体となって、芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍の予後予測因子や分子標的の同定を試み、分子病理学的分類の策定を目指すもので、当センターからは2人分の病理標本および診療情報が用いられます。 研究期間は2015年から2018年です。

2012年9月