がんセンターについて

診療部の紹介 -緩和ケア内科・緩和ケアチーム-

診療部の紹介

兵庫県立がんセンタートップページ > がんセンターについて > 診療部の紹介 > 緩和ケア内科・緩和ケアチーム

緩和ケア内科・緩和ケアチーム

診療カレンダー

 
緩和ケア内科 木村(B) 木澤(B)   池垣(B) 佐藤(B)

緩和ケアとは

緩和ケアとは命に関わる病気にともなう“つらさ”に対するケアです。痛みをはじめとする身体的な“つらさ”だけでなく、心のつらさ、生きがいに関するつらさも緩和ケアの対象です。また、患者さんご本人だけでなく、ご家族のつらさも緩和ケアの対象となります。
緩和ケアは抗がん治療ができなくなった時になされるものと考えられがちですが、つらい思いはがんと診断されたときから始まります。ですから、緩和ケアはがんと診断された時から行うことが推奨されています。がん対策推進基本計画により、がんに携わるすべての医師が緩和ケアを行えるように研修を受けています。

当科を受診される方へ

緩和ケアチーム

がんと診断されたとき、がんの治療中、抗がん治療ができなくなった時まで、基本的に当該治療科の主治医、看護師がつらさに対するケアを行います。しかしながら、入院患者さんで問題がうまく解決されないときは緩和ケアチームが、協力しておこないます。多職種による支援が必要となります。緩和ケアチームは多職種で構成されています。医師4名と、看護師(緩和ケア認定看護師2名、がん性疼痛看護認定看護師1名)、薬剤師3名をコアメンバーとし、必要に応じて、放射線治療医、口腔外科医、理学療法士、地域連携室スタッフあるいは栄養士が加わります。

緩和ケアチームのかかりかた

主治医や病棟看護師が患者さんのつらさや症状コントロールで困っているときに、ご本人のご了解上、緩和ケアチームへの連絡があると、緩和ケアチームの活動が開始されます。患者、家族の皆さんがつらくて、緩和ケアチームの診療をご希望される場合は主治医、病棟看護師へお伝えください。可及的速やかに対応します。

緩和ケア内科

毎週月曜日~木曜日の午前中と金曜午後、緩和ケア内科外来を行っています。現在、当院でがん治療を受けられた院内の患者さんとそのご家族を対象としています。抗がん治療中の症状コントロールが困難な場合、主治医からの依頼で診療を行います。
抗がん治療ができなくなった時、地域の医療機関と連携しながら緩和ケアを行っていきます。症状コントロールがうまくいかず、スムーズに地域医療機関への移行ができない方は緩和ケア内科で症状コントロールを行います。
かかりつけ医の先生の支援のもとに在宅療養を始めます。在宅療養中に症状コントロールが困難となった場合、緩和ケア内科に短期的に入院していただく場合もあります。症状が安定したら、再度在宅療養をつづけるか、他の緩和ケア提供施設へ転院をしていただきます。病床数は4床だけですので、長期の入院はできません。

緩和ケアチームの構成員

コアメンバー
その他の構成メンバー:

スタッフ

スタッフ 資格等 主な所属学会
池垣 淳一
緩和ケアセンター長
緩和ケア内科部長(診療科長)
麻酔科部長
1982年卒
日本麻酔科学会麻酔科指導医 日本麻酔科学会
日本ペインクリニック学会 専門医 日本ペインクリニック学会
日本臨床麻酔学会
日本緩和医療学会代議員・暫定指導医 日本緩和医療学会
日本疼痛学会
木尾 祐子
緩和ケア内科医長
精神科医長
2002年卒
日本精神神経学会指導医・専門医 日本精神神経学会
精神保健指定医
木村 好江
緩和ケア内科部長
麻酔科部長
1986年卒
日本麻酔科学会 麻酔科指導医 日本麻酔科学会
日本臨床麻酔学会
木澤 義之
非常勤医師
1991年卒
神戸大学緩和医療学分野教授
日本緩和医療学会副理事長 日本緩和医療学会
佐藤 健司
非常勤医師
1982年卒
精神保健指定医 総合病院精神医学会

2017年9月