放射線治療の効果と実績

放射線治療の効果と実績

兵庫県立がんセンタートップページ > 放射線治療の効果と実績

放射線治療の効果

放射線治療は、早期がんから進行がん、再発・転移したがんまで、様々な効果が期待できます。完全な治癒を目的とした「根治的照射」をはじめ、がんによって起こる症状を緩和する「緩和的照射」にも用いられます。

根治的照射

放射線治療は、外科手術・化学療法と並び、がん治療の3本柱です。日本では「がんは切るもの」という意識が強く、欧米に比べて放射線治療を受ける患者さんの割合が少ないのが現状です。しかしながら、2007年に施行された『がん対策基本法』でも触れられているように、日本でも放射線治療や化学療法の重要性が高まってきており、人材の育成や環境整備が急がれています。
このような現状に先駆け、当院では保険診療・自由診療ともに可能な放射線治療を行っています。特に、IMRTやSBRTと言った高精度放射線治療は、副作用を最小限におさえて、がんの種類によって手術と同等の治療効果が期待できます。

緩和照射

緩和的照射は進行がんや再発・転移がんが対象となります。がんのコントロールが難しいと判断された場合に行われ、下記のようにがんによって起こる症状を緩和する効果があります。

放射線治療機器の紹介

当院における放射線治療の実績について

部位別外照射治療実績
治療部位 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年
脳脊髄 11 9 4 11 13 9 19
眼窩 0 0 0 0 0 0 0
頭頸部 111 105 81 85 110 76 97
肺気管縦隔 145 141 119 127 142 168 148
乳腺 132 154 103 94 126 118 132
食道 63 51 83 54 57 66 55
胃十二指腸小腸 6 8 3 8 7 7 15
大腸直腸 14 8 13 7 18 11 12
肝胆膵 11 12 16 15 13 14 13
婦人科 103 106 101 92 82 103 93
泌尿器系 43 52 46 45 78 75 70
造血器リンパ系 58 45 38 34 51 51 52
皮膚 12 7 8 8 6 8 10
骨軟部 13 5 7 15 15 8 5
原発不明 4 6 9 13 6 6 5
その他 0 1 0 0 0 0 0
合計 726 710 631 608 724 720 726

(人数)

特殊な放射線治療の実績(2014年度)

・小線源治療 54例
・強度変調放射線治療 92例
・定位放射線治療 15例
・全身照射 6例