診療のご案内

診療情報管理室について

兵庫県立がんセンタートップページ > 診療のご案内 > 診療情報管理室について

診療情報管理室の業務内容

都道府県型および「がん診療連携拠点病院」として、がん診療の質の向上と患者診療への支援、患者・家族への情報提供ならびに国のがん対策立案のための情報提供を目的として、以下の業務を行っています。今年度より院内クリニカルパス・地域連携パスのデータ管理を行います。

1.がん登録業務

がんに罹患した方の病気や治療情報を詳しく登録し、国に報告しています。

2.全国がん登録(地域がん登録)の届出業務

院内がん登録の情報を、兵庫県に報告しています。

3.生存確認調査業務

院内がん登録では、がん患者さんの診断から治療後3年・5年・10年の経過を把握し、生存率を計算するための基礎資料をつくっています。この経過を把握するための作業を生存確認調査といいます。調査方法は、外来の通院状況の確認や連携病院からの情報提供などですが、治療が終了していたり転院や転居などにより当センターでの受診が継続されていない場合には、市区町村に住所地照会を依頼したり、患者さんまたはご家族に書面または電話調査をさせて頂くことがあります。この調査を行うことにより得られた情報は、院内がん登録・全がん協(全国がん〔成人病〕センター協議会)の生存率集計の届出など、疫学的研究、がん医療の評価として国のがん対策に役立てられています。

当センターの届出結果を含む全がん協(全国がん〔成人病〕センター協議会)加盟施設の生存率は、「全施設生存率(KapWeb)」で公表されています。

尚、当センターの生存率の集計結果は、全がん協(全国がん〔成人病〕センター協議会)ホームページ「施設別生存率」で公表されています。

4.研究機関の届出集計業務

当センターは、がん治療を専門とする全国32加盟施設のひとつとして、全がん協(全国がん〔成人病〕センター協議会)生存率共同調査および都道府県がん診療連携拠点病院 連絡協議会のがん登録部会QI研究に参加しています。

5.入院診療録管理業務

入院時カルテや退院情報の管理をしています。

6.後方支援業務

院内の相談支援センターに寄せられた患者さんの相談に対し、匿名性が保たれる範囲内での院内がん登録に関する情報のサポートや医師の調査依頼に対応しています。

7.院内がん登録実務者の育成業務

兵庫県がん診療連携協議会 がん登録部会の下部組織として、がん診療連携拠点病院の実務者対象に初級者研修会・実務者ミーティングを定期的に開催しています。 また、県内の実務者相談支援(メーリングリストでのネットワーク構築)等を行っています。

実務者ミーティングの詳細は兵庫県がん診療連携協議会ホームページ(協議会・幹事会開催記録)に掲載しています。

8.院内クリニカルバス・地域連携バスのデータ管理業務

院内クリニカルパスおよび患者用パスの整備やデータ管理と地域連携パスのデータ管理を行っています。また、院内クリニカルパス委員会の事務局としても活動します。

スタッフ

がん登録室の概要について

当センターにおけるがん登録の概要

当センターでは、昭和39(1964)年以来、地域がん登録を実施し兵庫県に報告してきました。
しかし、当時はがん登録の体制がまだまだ整備されておらず、当センターでも現在の保存体制が整ったのは、昭和60(1985)年5月2日(登録開始日)からでした。
平成19(2007)年からは、全国どこでも質の高いがん医療を提供できることを目的として制定された国のがん対策基本法に基づき、「院内がん登録」が開始され、国が管理する機関(国立がん研究センター)に報告しています。

院内がん登録とは

院内がん登録とは、病院でがんの診断・治療を受けた全ての患者さんについて、受診経緯、がんの種類、病期、治療内容、生存状況に関する情報を登録する仕組みです。
当センターは、厚生労働省からがん診療連携拠点病院に指定されているため、院内がん登録の実施が義務づけられています。診療情報管理室では、診療科を問わず病院全体で集めたデータを国立がん研究センターに報告しています。

包括同意書(診療情報の利用や生存確認調査の同意)について

当センターでは、平成26年12月1日より初めて当院を受診する全ての患者さんから包括同意書を取得しています。この包括同意書は、「1.診療に伴って発生する検査結果・画像・試料や診療情報の管理と医学研究・疫学・教育への利用」「2.院内がん登録の生存確認調査について患者さんの意思表示を確認」するものです。ご同意いただくか否か患者さんご自身の自由意思によります。
否の場合でも診療上の不利益を受けることはありません。また、一旦同意したあとでも撤回することができます。

個人情報の保護について

がん登録の業務に従事する職員は、個人情報の取り扱いやデータの処理方法について、国の専門的な研修を受けた者(がん登録実務者)が担当しています。平成28年1月に施行された「がん登録の推進に関する法律」において、個人情報の保護や管理、罰則に対する規定が厳しく定められています。

院内がん登録数について

1.院内がん登録数(全国集計届出数)

2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
3,519 3,890 4,132 3,869 3,775

部位別(病名)院内がん登録数

(件数)

部位別(病名) 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
口腔・咽頭 143 171 122 154 159
食道 127 173 191 168 179
405 440 441 380 387
結腸 179 178 213 218 208
直腸 124 137 156 109 118
(大腸) (303) (315) (369) (327) (326)
肝及び肝内胆管 132 136 139 119 118
胆嚢・胆管 41 45 57 40 34
膵臓 74 94 111 117 100
喉頭 42 40 49 29 31
気管支及び肺 460 512 532 486 477
骨・軟部 38 33 45 26 43
皮膚(黒色腫を含む) 139 181 194 214 215
乳房 308 309 385 336 324
子宮頚部 408 441 448 404 360
子宮体部 104 119 126 148 136
卵巣 75 59 74 89 91
前立腺 193 220 208 202 201
膀胱 98 113 131 110 133
腎・他の尿路 93 123 136 116 102
脳・中枢神経系 13 16 12 23 14
甲状腺 26 22 28 20 30
悪性リンパ腫 113 135 134 146 122
多発性骨髄腫 18 13 20 11 18
白血病 39 30 44 34 27
他の造血器腫瘍 14 10 20 19 16
上記以外の腫瘍 109 137 136 152 144
合計 3,519 3,890 4,132 3,869 3,775

2.主ながんのステージ別登録数と治療割合について

部位:胃、大腸、肝臓、肺、乳房、子宮頸、膵臓、食道について、治療前ステージ別登録数と治療法の割合を5年集計しました。(前立腺は、2012年以降の登録対象や基準に違いがあるため、4年集計とした)
・集計には緩和治療を含んでいます(特にⅣ期の手術・放射線は緩和治療を含む)
・治療前ステージの分類は、UICC TNM分類(2011年は第6版、2012~2015年は第7版)を適用しています。ただし、肝については、わが国では取扱い規約分類の方が普及しており、それに基づき治療方針が決定されることが多いため、取扱い規約分類(2011年は第4版、2012~2015年は第5版)での集計をしています。
・大腸は結腸がんと直腸がんを含み、肝は肝細胞がんと肝内胆管がんを含んでいます
・症例区分2・3(自施設初回治療症例)のみを集計しています
・治療方法は、前立腺・乳房以外の手術は体腔鏡(腹腔鏡・胸腔鏡)を含んでいます
・集計値が4以下の場合、個人が特定される可能性が高いことから、値を伏せて--(ハイフン)で表記しています。
(各部位の集計結果の参照は、以下をクリック)

Ⅰ.【部位別:胃】

表1-1 UICC TNM治療前ステージ別登録件数と割合

ステージ Ⅰ期 Ⅱ期 Ⅲ期 Ⅳ期 不明 空欄
診断年 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%)
2011年 234 69.2% 14 4.1% 29 8.6% 61 18.0% 0 0.0% 0 0.0%
2012年 229 64.5% 41 11.5% 26 7.3% 57 16.1% -- -- 0 0.0%
2013年 261 74.1% 23 6.5% 31 8.8% 35 9.9% -- -- 0 0.0%
2014年 197 66.8% 27 9.2% 20 6.8% 49 16.6% -- -- 0 0.0%
2015年 172 60.1% 32 11.2% 33 11.5% 46 16.1% -- -- 0 0.0%

表1-2 UICC TNM治療前ステージ別割合

※胃の0期は使用しないことが院内がん登録のルールで決められています。

表1-3 UICC TNM治療前ステージ別に見た治療方法の割合

Ⅱ.【部位別:大腸】

表2-1 UICC TNM治療前ステージ別登録件数と割合

ステージ 0期 Ⅰ期 Ⅱ期 Ⅲ期 Ⅳ期 不明 空欄
診断年 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%)
2011年 17 7.4% 81 35.2% 19 8.3% 64 27.8% 48 20.9% -- -- 0 0.0%
2012年 22 10.0% 49 22.2% 37 16.7% 62 28.1% 51 23.1% 0 0.0% 0 0.0%
2013年 45 18.1% 49 19.8% 52 21.0% 54 21.8% 48 19.4% 0 0.0% 0 0.0%
2014年 44 19.3% 56 24.6% 26 11.4% 45 19.7% 55 24.1% -- -- 0 0.0%
2015年 32 14.8% 54 25.0% 31 14.4% 60 27.8% 38 17.6% -- -- 0 0.0%

表2-2 UICC TNM治療前ステージ別割合

表2-3 UICC TNM治療前ステージ別に見た治療方法の割合

※Ⅳ期の「RFA(ラジオ波焼灼療法)」は肝転移治療として施行

Ⅲ.【部位別:肝臓】

表3-1 肝がん 取扱い規約 治療前ステージ別登録件数と割合

ステージ Ⅰ期 Ⅱ期 Ⅲ期 Ⅳ期 不明 空欄
診断年 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%)
2011年 20 19.2% 46 44.2% 28 26.9% 9 8.7% 0 0.0% -- --
2012年 16 17.6% 41 45.1% 20 22.0% 14 15.4% 0 0.0% 0 0.0%
2013年 13 17.1% 34 44.7% 14 18.4% 14 18.4% -- -- 0 0.0%
2014年 16 19.8% 31 38.3% 22 27.2% 9 11.1% -- -- -- --
2015年 13 20.0% 25 38.5% 17 26.2% 10 15.4% 0 0.0% 0 0.0%

表3-2 肝がん 取扱い規約 治療前ステージ別割合

表3-3 肝がん 取扱い規約 治療前ステージ別に見た治療方法の割合

Ⅳ.【部位別:肺】

表4-1 肺がん UICC TNM治療前ステージ別登録件数と割合

ステージ 0期 Ⅰ期 Ⅱ期 Ⅲ期 Ⅳ期 不明 空欄
診断年 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%)
2011年 -- -- 201 50.8% 26 6.6% 73 18.4% 93 23.5% 0 0.0% -- --
2012年 0 0.0% 190 48.8% 41 10.5% 68 17.5% 88 22.6% -- -- 0 0.0%
2013年 -- -- 192 50.3% 35 9.2% 60 15.7% 93 24.3% -- -- 0 0.0%
2014年 0 0.0% 195 53.6% 33 9.1% 46 12.6% 88 24.2% -- -- -- --
2015年 0 0.0% 194 54.2% 24 6.7% 46 12.8% 91 25.4% -- -- 0 0.0%

表4-2 肺がん UICC TNM治療前ステージ別割合

表4-3 肺がん UICC TNM治療前ステージ別に見た治療方法の割合

※「内視鏡」は、ステント留置術・「その他」は、胸膜癒着術を含む緩和治療として施行

Ⅴ.【部位別:乳房】

表5-1 乳がん UICC TNM治療前ステージ別登録件数と割合

ステージ 0期 Ⅰ期 Ⅱ期 Ⅲ期 Ⅳ期 不明 空欄
診断年 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%)
2011年 32 14.5% 89 40.5% 72 32.7% 20 9.1% 7 3.2% 0 0.0% 0 0.0%
2012年 35 15.8% 87 39.4% 71 32.1% 16 7.2% 10 4.5% -- -- 0 0.0%
2013年 41 16.0% 99 38.5% 95 37.0% 8 3.1% 14 5.4% 0 0.0% 0 0.0%
2014年 45 18.6% 68 28.1% 99 40.9% 17 7.0% 12 5.0% -- -- 0 0.0%
2015年 24 11.0% 85 38.8% 86 39.3% 14 6.4% 9 4.1% -- -- 0 0.0%

表5-2 乳がん UICC TNM治療前ステージ別割合

表5-3 乳がん UICC TNM治療前ステージ別に見た治療方法の割合

Ⅵ.【部位別:前立腺】

表6-1 前立腺がん UICC TNM治療前ステージ別登録件数と割合

ステージ Ⅰ期 Ⅱ期 Ⅲ期 Ⅳ期 不明 空欄
診断年 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%)
2012年 59 43.7% 30 22.2% 20 14.8% 24 17.8% -- -- 0 0.0%
2013年 77 50.0% 29 18.8% 22 14.3% 24 15.6% -- -- 0 0.0%
2014年 66 50.4% 23 17.6% 14 10.7% 24 18.3% -- -- -- --
2015年 65 48.1% 18 13.3% 16 11.9% 31 23.0% 5 3.7% 0 0.0%

表6-2 前立腺がん UICC TNM治療前ステージ別割合

表6-3 前立腺がん UICC TNM治療前ステージ別に見た治療方法の割合

※経過観察は、全てPSA監視療法

Ⅶ.【部位別:子宮頸部】※0期は、CIN3(高度異型成)またはCIS(上皮内がん)

表7-1 子宮頸がん UICC TNM治療前ステージ別登録件数と割合

ステージ 0期 Ⅰ期 Ⅱ期 Ⅲ期 Ⅳ期 不明 空欄
診断年 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%)
2011年 247 65.2% 59 15.6% 34 9.0% 27 7.1% 12 3.2% 0 0.0% 0 0.0%
2012年 265 68.1% 52 13.4% 28 7.2% 24 6.2% 20 5.1% 0 0.0% 0 0.0%
2013年 271 69.0% 49 12.5% 18 4.6% 28 7.1% 26 6.6% -- -- 0 0.0%
2014年 227 65.2% 47 13.5% 25 7.2% 34 9.8% 14 4.0% -- -- 0 0.0%
2015年 220 70.5% 32 10.3% 17 5.4% 26 8.3% 16 5.1% -- -- 0 0.0%

表7-2 子宮頸がん UICC TNM治療前ステージ別割合

表7-3 子宮頸がん UICC TNM治療前ステージ別に見た治療方法の割合

※Ⅲ・Ⅳ期の「その他」は、腎ろう造設術、人工肛門造設術など緩和治療を含む

Ⅷ.【部位別:膵臓】

表8-1 膵がん UICC TNM治療前ステージ別登録件数と割合

ステージ 0期 Ⅰ期 Ⅱ期 Ⅲ期 Ⅳ期 不明 空欄
診断年 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%)
2011年 -- -- 6 10.5% 11 19.3% 8 14.0% 30 52.6% 0 0.0% 0 0.0%
2012年 6 9.5% 5 7.9% 19 30.2% 6 9.5% 27 42.9% 0 0.0% 0 0.0%
2013年 7 9.6% 10 13.7% 19 26.0% -- -- 33 45.2% -- -- 0 0.0%
2014年 10 11.9% 7 8.3% 28 33.3% 7 8.3% 31 36.9% -- -- 0 0.0%
2015年 -- -- 7 10.9% 16 25.0% 6 9.4% 33 51.6% 0 0.0% 0 0.0%

表8-2 膵がん UICC TNM治療前ステージ別割合

表8-3 膵がん UICC TNM治療前ステージ別に見た治療方法の割合

※内視鏡は、全病期ステント留置術を緩和治療として施行

Ⅸ.【部位別:食道】

表9-1 食道がん UICC TNM治療前ステージ別登録件数と割合

ステージ 0期 Ⅰ期 Ⅱ期 Ⅲ期 Ⅳ期 不明 空欄
診断年 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%) 件数 (%)
2011年 13 11.6% 32 28.6% 26 23.2% 25 22.3% 16 14.3% 0 0.0% 0 0.0%
2012年 18 13.5% 45 33.8% 14 10.5% 37 27.8% 19 14.3% 0 0.0% 0 0.0%
2013年 30 19.0% 56 35.4% 16 10.1% 38 24.1% 18 11.4% 0 0.0% 0 0.0%
2014年 13 9.0% 60 41.4% 17 11.7% 31 21.4% 24 16.6% 0 0.0% 0 0.0%
2015年 14 9.7% 50 34.5% 21 14.5% 35 24.1% 23 15.9% -- -- 0 0.0%

表9-2 食道がん UICC TNM治療前ステージ別割合

表9-3食道がん UICC TNM治療前ステージ別に見た治療方法の割合

※Ⅰ期の「RFA」はPDT(光線力学的治療)・APC(アルゴンプラズマ凝固療法)施行