がんセンターについて

病院概要

病院概要

兵庫県立がんセンタートップページ > がんセンターについて > 病院概要

病院概要

病院の沿革

昭和37年9月 財団法人兵庫県がんセンターの附属病院として発足。
所在地:神戸市生田区楠町7丁目13。
診療科(内科、外科、婦人科、放射線科) 病床数101床。
昭和46年4月 財団法人兵庫県がんセンターの解散に伴い、同病院を兵庫県立に移管し、県立病院がんセンターとして発足。
組織:事務部(庶務課、経理課、医事課)、診療部(内科、外科、婦人科、放射線科、麻酔科)、検査部、調査研究部、薬剤部、看護部。
病床数120床。
昭和48年4月 看護科を看護部に改称。
事務長及び事務次長を事務部長及び事務部次長に改称。
昭和49年4月 給食課を設置。
昭和50年4月 調査研究部を調査集検部に改称。
昭和51年4月 薬剤科を薬剤部に改称。
総看護婦長を看護部長に、薬局長を薬剤部長に改称。
昭和59年3月 県立成人病センター第1期工事完成。
昭和59年5月22日 兵庫県立病院がんセンターを廃止し、県立成人病センターを開設。
(鉄筋コンクリート地下1階、地上6階建、延18,713㎡)
所在地:明石市北王子町13番70号。
組織:総務部(庶務課、経理課、医事課、給食課)
診療部(内科、外科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科
産婦人科、眼科、頭頸部外科、放射線科、麻酔科、歯科)
調査集検部、看護部、薬剤部、検査部
病床数:一般180床(全体計画 一般400床)
点数表:診療報酬甲表 基準看護(一般特2類)、基準給食、基準寝具
昭和59年6月 調査集検部を廃止し、研究調査部を設置。県立検診センターを併設。
昭和60年4月 管理局長を設置するとともに、業務部(医事課、給食課)を設置。
昭和62年3月 県立成人病センター第2期工事完成。(病床220床)
昭和62年4月 診療科目に「呼吸器科・消化器科・呼吸器外科」の3科を新設。
県立検診センターを県立成人病センターに統合。
医事業務を民間委託。
昭和62年5月 西病棟稼動。総病床数400床。
昭和63年9月 MR棟完成。
平成元年4月 総長職を設置。研究調査部を調査部に改称。
兵庫県立成人病臨床研究所を開設。
平成3年3月 成人病臨床研究所を西病棟1階に移設。
平成3年4月 臨床研修病院の指定を受ける。
平成4年4月 名誉院長職を設置。
平成5年3月 基準看護特3類が承認される。
平成5年4月 精神科を新設。
平成6年10月 全病床(400床)について新看護(2対1)の届出。
平成7年3月 手術室増築。
平成9年1月 歯科口腔外科を新設。
平成12年10月 専門病院入院基本料Ⅰ群1が承認される。
平成13年3月 県立検診センターを廃止。
平成14年3月 兵庫県立成人病臨床研究所を廃止。
平成15年2月 放射線医療室(粒子線)を設置。
平成15年3月 手術室増築。
平成15年11月 日本医療機能評価機構より一般病院種別Bについて認定される。
平成16年3月 屋上庭園を設置
平成16年4月1日 放射線部を設置
調査部を地域医療連携・医療情報部に改称
形成外科を新設
平成17年2月 PET-CTを整備
平成17年4月 腫瘍内科を新設
平成17年4月 臨床試験管理室を設置
平成18年4月 眼科を廃止、産婦人科を婦人科に科名変更
病理診断センターを設置
総合医療情報システム(オーダリングシステム)を導入
平成19年1月 都道府県がん診療連携拠点病院に指定される。
平成19年4月 兵庫県立がんセンターに病院名を変更
新たに部長(医療情報担当)、部長(緩和医療担当)を設置
地域医療連携・医療情報部長を地域医療連携部長に
改称麻酔センターを設置
平成19年7月 治験拠点医療機関に決定される
平成20年4月 副院長(看護・連携調整担当)を設置
平成21年4月 診療科目の標榜を変更(17診療科目→22診療科目)
平成24年3月 麻酔センターを廃止
平成24年4月 副院長(医療連携・医療情報担当)を設置
電子カルテシステムを導入
平成25年4月 リハビリテーション科を新設(計23診療科目)
平成26年4月 緩和ケアセンターを設置
平成28年6月 バイオバンク設立
平成30年4月 ゲノム医療・臨床試験センター設置

兵庫県立がんセンター 取得施設基準一覧

平成30年6月1日現在

項目 届出事項
入院基本料 9病棟400床
専門病院入院基本料(7対1)
食事療養費 入院時食事療養(Ⅰ)
厚生労働大臣の定める施設基準 基本診療料 地域歯科診療支援病院歯科初診料
歯科外来診療環境体制加算
診療録管理体制加算2
医師事務作業補助体制加算2(20対1)
急性期看護補助体制加算1(看護補助者5割以上)
重症者等療養環境特別加算
無菌治療室管理加算1及び2
栄養サポートチーム加算
医療安全対策加算1
医療安全対策地域連携加算1
感染防止対策加算1
感染防止対策地域連携加算
抗菌薬適正使用支援加算
患者サポート体制充実加算
褥瘡ハイリスク患者ケア加算
総合評価加算
後発医薬品使用体制加算2
データ提出加算2
入退院支援加算1
地域歯科診療支援病院入院加算
特定集中治療室管理料3
早期離床・リハビリテーション加算
緩和ケア診療加算
特掲診療料 がん性疼痛緩和指導管理料
がん患者指導管理料イ、ロ及びハ
外来緩和ケア管理料
移植後患者指導管理料
外来放射線照射診療料
療養・就労両立支援指導料
がん治療連携計画策定料
排尿自立指導料
薬剤管理指導料
医療機器安全管理料1
医療機器安全管理料2
医療機器安全管理料(歯科)
歯科疾患管理課の注11に掲げる総合医療管理加算
歯科治療時医療管理科
在宅患者訪問看護・指導料
HPV核酸同定検査
検体検査管理加算(Ⅳ)
国際標準検査管理加算
神経学的検査
センチネルリンパ節生検(乳がんに係るものに限る。)
CT透視下気管支鏡検査加算
画像診断管理加算2
歯科画像診断管理加算1
ポジトロン断層撮影、ポジトロン断層・コンピューター断層複合撮影
CT撮影及びMRI撮影
乳房MRI撮影加算
抗悪性腫瘍剤処方管理加算
外来化学療法加算1
無菌製剤処理料
脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅱ(初期加算含む)
運動器リハビリテーション料Ⅰ(初期加算含む)
呼吸器リハビリテーション料Ⅰ(初期加算含む)
がん患者リハビリテーション料
リンパ浮腫複合的治療料
手術用顕微鏡加算
皮膚悪性腫瘍切除術(悪性黒色腫センチネルリンパ節加算を算定する場合に限る。)
組織拡張器による再建手術(一連につき)(乳房(再建手術)の場合に限る。)
脊髄刺激装置植込術及び脊髄刺激装置交換術
内視鏡下甲状腺部分切除、腺腫摘出術、内視鏡下バセドウ甲状腺全摘(亜全摘)術(両葉)内視鏡下副甲状腺(上皮小体)腺腫過形成手術
乳腺悪性腫瘍手術(乳がんセンチネルリンパ節加算1又は乳がんセンチネルリンパ節加算2を算定する場合に限る。)
乳腺悪性腫瘍手術(乳頭乳輪温存乳房切除術(腋窩郭清を伴わないもの)及び乳頭乳輪温存乳房切除術(腋窩郭清を伴うもの))
ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後)
肺悪性腫瘍手術(壁側・臓側胸膜全切除(横隔膜、心膜合併切除を伴うもの)に限る。)
ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
胆管悪性腫瘍手術(膵頭十二指腸切除及び肝切除(葉以上)を伴うものに限る。)
腹腔鏡下肝切除術
腹腔鏡下膵体尾部腫瘍切除術
早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術
腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの)
腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの)
腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術(子宮体がんに限る。)
胃瘻造設術(内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。)
輸血管理料Ⅰ
輸血適正使用加算
貯血式自己血輸血管理体制加算
コーディネート体制充実加算
人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算
胃瘻造設時嚥下機能評価加算
広範囲顎骨支持型装置埋入手術
麻酔管理料(Ⅰ)
放射線治療専任加算
外来放射線治療加算
高エネルギー放射線治療
1回線量増加加算
強度変調放射線治療(IMRT)
画像誘導放射線治療(IGRT)
体外照射呼吸性移動対策加算
直線加速器による定位放射線治療
定位放射線治療呼吸性移動対策加算
画像誘導密封小線源治療加算
保険医療機関間の連携による病理診断
保険医療機関間の連携におけるデジタル病理画像による術中迅速病理組織標本作製
保険医療機関間の連携におけるデジタル病理画像による術中迅速細胞診
病理診断管理加算2
悪性腫瘍病理組織標本加算
口腔病理診断管理加算2
クラウン・ブリッジ維持管理料
先進医療 ペメトレキセド静脈内投与及びシスプラチン静脈内投与の併用療法 肺がん(扁平上皮肺がん及び小細胞肺がんを除き、病理学的見地から完全に切除されたと判断されるものに限る。)
パクリタキセル静脈内投与(一週間に一回投与するものに限る。)及びカルボプラチン腹腔内投与(三週間に一回投与するものに限る。)の併用療法 上皮性卵巣がん、卵管がん又は原発性腹膜がん
術前のS-1内服投与、シスプラチン静脈内投与及びトラスツズマブ静脈内投与の併用療法 切除が可能な高度リンパ節転移を伴う胃がん(HER2が陽性のものに限る。)
インターフェロンα皮下投与及びジドブジン経口投与の併用療法 成人T細胞白血病リンパ腫(症候を有するくすぶり型又は予後不良因子を有さない慢性型のものに限る。)