がんセンターについて

診療部の紹介 -婦人科-

診療部の紹介

兵庫県立がんセンタートップページ > がんセンターについて > 診療部の紹介 > 婦人科

婦人科

診療カレンダー

 
婦人科 1診 北井 山口 長尾 長尾 山口
2診 金田 山本(香)・鈴木 澁谷 矢野 自見
3診 塩崎 (午前)北井
(午後)細川
塩崎 山本(香) 鈴木

概要

 当科でおもに担当しているのは婦人科悪性腫瘍とその前駆病変の診断および治療です。また、悪性腫瘍が疑われている患者さんの診断、再発がんに対する治療や緩和医療も行なっています。私たちが取り扱っているおもな疾患は次の通りです。

子宮頸がんおよび子宮頸部異形成
子宮体がんおよび子宮内膜増殖症、子宮肉腫
卵巣がん・卵管がん・腹膜がん
卵巣境界悪性腫瘍
絨毛性疾患(胞状奇胎を含む)
外陰がん
膣がん

 私たちはできるだけ広い視点で治療法を考えることで「患者さん一人一人にとって最適な治療を提供すること」を目指しています。そのためにガイドラインに沿った標準的治療を基本としながら、その一歩先を行く最新の治療法(臨床試験や治験など)も積極的に取り入れ、できる限り多くの選択肢を提供していきたいと考えています。治療方針は手術症例や再発症例、重症例の治療方針については週2回行われるカンファレンスで婦人科腫瘍医全員による話し合いで決定します。また、放射線科や腫瘍内科など幅広い診療科の専門医の意見も取り入れ、できるだけ幅広い視点から決定するよう心がけています。
 がん治療を進めていくには患者さんの深い理解と同意が大切です。私たちはその前提となる説明が十分かつできるだけ客観的であるように努めています。また、優しい診療姿勢を心がけ、「温かみのある診療」をモットーにしています。患者さんの中には治癒が望めない方もおられます。そのような場合にも患者さんご本人やご家族が十分に納得して治療を受けていただけるようにしっかり向かい合います。
 私たちが提供する治療には悪性腫瘍に対する手術、抗がん剤治療、放射線治療が含まれます。さらに看護師・薬剤師・栄養士・ソーシャルワーカーなど多くの医療スタッフとともにチーム医療を実践しています。緩和ケアが必要な患者さんには緩和ケアチームとも相談しながら療養をサポートしていきます。

当科を受診される方へ

 がんセンターの使命は、悪性腫瘍あるいはその前駆病変と診断された患者さんの治療、あるいは悪性腫瘍の疑いのある患者さんの診断を行うことです。そのため、外来の受診は紹介状をお持ちの患者さんに限らせていただいています。心配な症状がある場合には、まずお近くの産婦人科を受診して悪性腫瘍の疑いがないかどうかの診察を受けてください。悪性腫瘍の診断または疑いがある患者さんは、紹介状をもらって地域医療連携室を通して予約を取った上で受診してください。原則として無症状の方の検診は行っておりませんのでご了承をお願いいたします。また診察や検査の結果から良性疾患が強く疑われる場合は、適切な医療機関に紹介させていただくこともあります。

 私たちは治療を進めるにあたって患者さんご本人およびご家族に治療内容とそのメリットとデメリットを理解していただくことが非常に重要と考えています。客観的な情報をもとに納得いただけるまで詳しく説明させていただきます。疑問な点がある場合にはご遠慮なく担当医にお尋ねください。

 セカンドオピニオンにも積極的に取り組んでいます。当センターの医師の意見をお聞きになりたい場合には担当の先生にご相談の上、セカンドオピニオン外来のご予約をいただきますようにお願いいたします。

当科を受診される方へ

日本産科婦人科学会 婦人科腫瘍委員会婦人科悪性腫瘍登録事業及び登録情報に基づく研究に対するご協力のお願い

 このたび、日本産科婦人科学会 婦人科悪性腫瘍登録事業ならびにそれにより得られた婦人科腫 瘍登録データベースを用いた下記の医学系研究を、日本産科婦人科学会倫理委員会臨床研究審査小 委員会の承認ならびに理事長の許可のもと、倫理指針および法令を遵守して実施しますので、ご協力をお願いいたします。なお、この研究は個別に同意をいただかずに、通知・公開を行うことで実施することが国の指針によって認められています。 この研究を実施することによる、患者さんへの新たな負担は一切ありません。また患者さんのプ ライバシー保護については最善を尽くします。本研究への協力を望まれない患者さんは、その旨を 診療を受けた施設までお申し出下さいますようお願いいたします。

詳しくはこちらをご確認ください。

紹介元の先生方へ

 ご紹介いただいた患者さんは必ずお受けするように心がけています。合併症のある方や婦人科以外の悪性腫瘍の可能性がある場合、原発が不明な場合にもご遠慮なく紹介ください。また、悪性の可能性の高くない患者さんをご紹介いただいても構いません。責任を持って診断をさせていただき、必要に応じて適切な診療科、医療機関に紹介させていただきます。

 当センターでは開腹手術に加え腹腔鏡下手術にも積極的に取り組んでいます。手術療法、放射線療法、化学療法など多彩な治療法の中から最適な治療方法を検討、患者様とそのご家族とよくご相談し治療法を選択します。

 患者さんの増加に伴い、特に初期がんや前がん病変など再発の可能性が極めて低いと思われる方の治療後の経過観察を近隣の先生にお願いする場合があります。何かあれば直ちに責任を持って対応させていただきますので、ぜひご協力をお願いいたします。子宮体がんは術後地域連携パスを運用しています。ご紹介いただいた先生とよりスムーズかつ密接な連携を結ぶことが可能になりました。
 先生方とともに学び、親睦を深めるため、年1回7月に「がん診療連携懇話会」を開催しています。ぜひご参加ください。

研修をご希望の先生方へ

 当科では年間300例を超える婦人科悪性腫瘍の手術、化学療法、放射線治療を行っている全国有数のハイボリュームセンターです。日本婦人科腫瘍学会修練施設でもあり、また日本産科婦人科内視鏡学会認定研修施設でもあります。婦人科腫瘍専門医や内視鏡技術認定医の資格を目指している先生は、手術および化学療法、放射線治療の多くの経験を積むことができます。また、多くの国際共同臨床試験や国内の多施設共同臨床試験や治験にも参加しており、臨床試験についても学ぶことができます。院内で独自の臨床研究を多数行っており、婦人科腫瘍修練医には研修期間中に少なくとも1課題はプロトコールの作成からIRBでのプレゼンテーション、臨床研究の運営、学会報告、論文作成までを経験していただきます。プロトコールの作成から論文の執筆まで責任を持ってサポートします。基礎研究に興味のある先生は研究部においてトランスレーショナルリサーチも行う体制が整っています。このように臨床面のみならず研究面でも十分な修練を積むことができます。
 当科では出身大学や医局に関係なくやる気のある人材を幅広く求めています。現在在籍しているメンバーも出身大学、医局は多岐にわたっており、医局に所属していない医師もいます。少しでも興味のある方はお気軽に見学にお越し下さい。手術や病院見学のご希望の方は、<採用情報>のお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。専攻医、フェローの募集も<採用情報>で確認できます。

トランスレーショナルリサーチ(TR)について

 TRとは基礎研究で見いだされた成果を臨床医学に応用し、新たな医療(未来医療)を構築するための橋渡しとなる研究を言います。近年発展著しい分子標的治療はTRの賜物と言えるでしょう。当センターには研究部ならびにバイオバンク室が設置されており、大学研究室に劣らない設備・検体試料を有しています。がん医療最前線であるがんセンターならではのTRにチャレンジしてみませんか?研究経験がなくとも懇切丁寧に指導いたしますのでご安心ください。

当科では常時複数名の後期研修医および婦人科腫瘍修練医が在籍しています。ここで現在在籍中の後期研修医と婦人科腫瘍修練医の声をご紹介します。

後期研修医

 平成29年度より兵庫県立がんセンター婦人科で後期研修医として働かせていただいております。
 当科で勤務することは期待と不安がありましたが、諸先生方にご指導いただき、何とか戦力になれるよう頑張っております。分娩はありませんが、婦人科腫瘍に特化した臨床経験を積める日々はとても勉強になります。医局では診療科の垣根がなく、隣の席が違う科の先生という状況も新鮮で、よい刺激をいただける日々です。
 手術日は月・水・木・金で、週に4~6件の手術に入ります。当センターでは良性疾患はほとんどありませんが、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん、外陰がん、膣がんなどの悪性腫瘍の症例を多く経験することが可能です。広汎・準広汎子宮全摘術の症例数が非常に多く、また子宮体がんの腹腔鏡手術も行っておりレベルの高い手術を間近で見られることでとても勉強になっています。また、執刀の機会も与えていただけるので、ビデオでの手術のイメージトレーニングは欠かせません。手術がない時は外来や入院患者さんのインフォームド・コンセント、病棟業務に従事し、多くの臨床経験を積むことができます。また週に2回カンファレンスがあり、自分の担当以外の多くの症例も共有し勉強することができます。病棟は主治医制であり4~8人の患者さんを担当しますが後期研修医には指導医がつき、困った症例や自分では判断できないことを相談することもできます。当センターは悪性腫瘍を専門に扱う病院であるため、セカンドオピニオンの患者さんが多いのも特徴です。がんの患者さんは、突然の告知で、現状を受け入れられない方も多く、そういった患者さんや家族にバッドニュースをいかに説明し、治療に前向きになってもらえるか、その人の生き方にどう向き合っていくかを日々考えさせられています。また、子宮頸がんに対する術前化学療法や、卵巣がんに対して免疫チェックポイント阻害剤などの新薬の治験にも関わることができ、最先端の医療に触れられる機会を与えていただけることにとても感謝しています。
 当センターでの経験を自分の財産とできるよう今後も精進して参ります。

後期研修医

 兵庫県立がんセンターで後期研修をはじめて、まず驚いたことは、非常に症例が豊富であることです。
 週に1-3件の広汎子宮全摘術、さらにそこに開腹・腹腔鏡での子宮体がん手術、傍大動脈リンパ節郭清まで含む卵巣がん根治術などが毎週のように行われています。そしてその手術では、指導医の手技を見るだけでも大変勉強になりますが、丁寧に理論立てて、かつ優しく教えてくださる環境でもあり、手術のたびに勉強させていただいています。さらに手術以外にも、放射線治療科とともに放射線治療の症例を管理したり、腟がん・外陰がんなど他院ではあまり目にしない疾患の治療にも携わることができたり、と婦人科悪性腫瘍症例を「広く、深く」学ぶことができる施設だと感じております。
 そして豊富な症例だけではなく、週に2回行われるカンファレンスで、エビデンスに基づいた治療方針に関するディスカッションにも参加でき、診断から治療にいたるまでの考え方(座学)も、日々学ばせていただいています。
 さらに臨床面以外でも、英語論文の抄読会(週1回)や学会発表・論文執筆などの指導もしていただける環境であり、臨床面・学術面の両方の研修をさせていただいております。
このような、「婦人科悪性腫瘍」に特化した当センターでの後期研修を通じ、少しでも指導医の先生方に近づけるよう、これからも精進していきたいと思います。

婦人科腫瘍修練医

 この病院でこれができて、あの病院ではあれができて、けど私のやりたいことはあっちの病院の方がたくさんやっているのかも。産婦人科専門医取得前後の時期は今後の進路に多々悩みます。悩んだうえで当センターに転勤されて、腫瘍専門医を取得された先生が数多くいます。
 当センターの婦人科がん症例数は毎年日本トップ10に入るくらい多く、新規の手術症例・化学療法症例・放射線症例が、毎週のように担当になります。週2回のカンファレンスで他科とも連携し治療方針を決定します。
 「手術日は?」火曜以外の週4日が手術日です。週に最低1件は手術執刀があり、助手としても週に3件程度の担当があります。自分の外来日と火曜日以外は手術室に通います。腹腔鏡手術も行っていますし、認定研修施設です。
 「広汎は?」もちろん担当します。施設で年間50例程度はあり、指導医のもと執刀します。私の執刀は1年間あたり12件でした。
 「外来は?」もちろん担当します。週1-1.5日分の外来を担当します。
 「研究は?」もちろん担当します。昨年度は、院内臨床研究を1件立ち上げました。また新規治験に積極的に参加していますので、最新の治療薬を臨床の場で学ぶことができます。
 「指導は?」もちろん、手術などの臨床面から臨床研究さらには論文まで十分な指導がうけられます。(術中に毎回怒声が、、なんてことはありません)
 自分たちの行っている治療がBESTなのか、本当に正しいのかについても、医学的根拠となる論文をもとにスタッフ間で議論しています。院内研究室があり臨床の疑問を生かした基礎研究も行えます。では、最初の質問に戻ります。
 「腫瘍専門医修練中には何ができますか?」
なんでもできます。一緒に婦人科腫瘍専門医を目指しましょう。

スタッフ

スタッフ 資格等 主な所属学会
山口 聡
地域医療連携部長
婦人科部長(診療科長)
1990年卒
日本産科婦人科学会専門医・指導医 日本産科婦人科学会
日本がん治療認定医機構暫定教育医・ がん治療認定医 日本癌治療学会
日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医・指導医・評議員 日本婦人科腫瘍学会
  日本産科婦人科内視鏡学会
厚生労働省認定臨床研修指導医  
母体保護法指定医  
厚生労働省後援・新リンパ浮腫研修修了  
下部尿路機能障害講習会修了  
ダビンチサージカルシステム術者認定資格  
医学博士  
長尾 昌二
婦人科部長
1993年卒
日本産科婦人科学会専門医・指導医 日本産科婦人科学会
日本がん治療認定医機構暫定教育医・がん治療認定医 日本癌治療学会
日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医・指導医・評議員 日本婦人科腫瘍学会
  日本産科婦人科内視鏡学会
  American Socitey of Clinical Oncology
  International Gynecologic Cancer Society
臨床遺伝専門医 日本人類遺伝学会
厚生労働省認定臨床研修指導医  
埼玉医科大学国際医療センター婦人科腫瘍科客員教授  
ダビンチサージカルシステム術者認定資格  
医学博士  
須藤 保
研究部長
婦人科部長
1994年卒
日本産科婦人科学会専門医・指導医 日本産科婦人科学会
  日本婦人科腫瘍学会
  日本癌学会
  アメリカ癌学会(AACR)
医学博士  
松岡 和子
婦人科医長
2001年卒
日本産科婦人科学会専門医・指導医 日本産科婦人科学会
日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医・指導医 日本婦人科腫瘍学会
日本臨床細胞学会細胞診専門医 日本臨床細胞学会
日本内視鏡外科学会 技術認定医 日本内視鏡外科学会
日本産科婦人科内視鏡学会 技術認定医 日本産科婦人科内視鏡学会
日本医師会認定産業医 日本医師会
厚生労働省後援・新リンパ浮腫研修修了  
医学博士  
塩崎 隆也
婦人科医長
2002年卒
日本産科婦人科学会専門医 日本産婦人科学会
  日本癌治療学会
日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医 日本婦人科腫瘍学会
日本臨床細胞学会 細胞診専門医 日本臨床細胞学会
  日本産科婦人科内視鏡学会
母体保護法指定医  
医学博士  
北井 美穂
婦人科医長
2003年卒
日本産科婦人科学会専門医・指導医 日本産婦人科学会
日本がん治療認定医機構がん治療認定医 日本癌治療学会
日本婦人科腫瘍学会 腫瘍専門医 日本婦人科腫瘍学会
日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医 日本産科婦人科内視鏡学会
  日本外科内視鏡学会
  日本婦人科手術学会
  日本ロボット外科学会
  日本癌学会
  International Gynecologic Cancer Society
母体保護法指定医  
矢野 紘子
婦人科医長
2004年卒
日本産科婦人科学会 専門医 日本産科婦人科学会
  日本婦人科腫瘍学会
周産期専門医・新生児蘇生法専門コース(Aコース) 日本周産期新生児医学会
臨床遺伝専門医 日本人類遺伝学会
  日本超音波医学会
自見 倫敦
婦人科医長
2006年卒
日本産科婦人科学会専門医 日本産科婦人科学会
日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医 日本婦人科腫瘍学会
日本がん治療認定医機構がん治療認定医  
周産期専門医(母体・胎児) 日本周産期新生児医学会
新生児蘇生法専門コースインストラクター  
日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医 日本産科婦人科内視鏡学会
  日本産婦人科手術学会
日本医師会認定産業医 日本医師会
山本 香澄
婦人科医長
2008年卒
日本産科婦人科学会専門医 日本産科婦人科学会
日本がん治療認定医機構がん治療認定医 日本癌治療学会
日本静脈経腸栄養学会 認定TNTドクター (日本静脈経腸栄養学会)
日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医 日本婦人科腫瘍学会
  日本産科婦人科内視鏡学会
  周産期新生児医学会
厚生労働省後援・新リンパ浮腫研修修了  
渋谷 剛志
婦人科医長
2009年卒
日本産科婦人科学会専門医 日本産科婦人科学会
日本がん治療認定医機構がん治療認定医  
日本臨床細胞学会細胞診専門医 日本臨床細胞学会
  日本婦人科腫瘍学会
  日本産科婦人科内視鏡学会
  日本内視鏡外科学会
新生児蘇生法専門コースインストラクター 日本周産期新生児学会
  日本超音波医学会
金田 倫子
婦人科医長
2010年卒
日本産科婦人科学会専門医 日本産科婦人科学会
日本がん治療認定医機構がん治療認定医 日本癌治療学会
  日本婦人科腫瘍学会
  日本産科婦人科内視鏡学会
日本臨床細胞学会細胞診専門医 日本臨床細胞学会
周産期専門医・新生児蘇生法専門コース(Aコース) 日本周産期新生児医学会
日本母体救命システムベーシックコースインストラクター  
  日本女性医学学会
鈴木 一弘
婦人科フェロー
2011年卒
日本産科婦人科学会専門医 日本産科婦人科学会
日本がん治療認定医機構がん治療認定医 日本癌治療学会
  日本産科婦人科内視鏡学会
  日本臨床細胞学会
新生児蘇生法専門コースインストラクター 周産期新生児医学会
細川 雅代
専攻医
2013年卒
  日本産科婦人科学会
  近畿産科婦人科学会
  日本産科婦人科内視鏡学会
宇田 元
専攻医
2014年卒
  日本産科婦人科学会
  日本女性医学学会

2018年10月